映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 街のあかり Laitakaupungin valot

<<   作成日時 : 2007/07/30 16:02   >>

トラックバック 0 / コメント 12

●監督 アキ・カウリスマキ
●出演 ヤンネ・フーティアイネン、マリア・ヤルヴェンヘルミ、イルッカ・コイヴラ、
     マリア・ヘイスカネン、ヨーナス・タポラ、ペルッティ・スヴェホルム 他
●データ 2006年/フィンランド/78分

アキ・カウリスマキ監督の「過去のない男」を観て それだけで
もう すっかりファンになってしまったので この作品も楽しみにしていました。

プロフィールを ネットから拝借
1957年フィンランド生まれ。ヘルシンキのタンペレ大学在学中から映画評論を執筆。卒業後、映画学校出身の兄ミカ・カウリスマキと共に映画製作を開始する。『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』で見せたオフビートな笑いのセンスで一躍世界の注目を集めた。ぎりぎりまで削りとられた会話、無表情な登場人物、意表を付く音楽など、どの作品にもその独特なタッチは健在で、熱狂的なファンを生む。

ほんと、会話に無駄は 一切ありません。
音楽もないところもあったりして 派手さはなく 作品にマッチしています。

映像も 勿論 無駄がなく 「上手いなあ〜〜〜」と 心の中で
うなってばかりいました。

全編を貫く 人間へのあたたかい視点。

こういう映画 大好きです。

主演のヤンネ・フーティアイネン の 青い瞳に惚れ惚れしちゃいました。
映像がないのが 残念です。
もう一人 同僚役の男性が これまた 良い声だし 素敵でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
どこかで聞いたことがあるような題名ですね。
ストーリーをちらりと見てみると、あれまあ私のような?主人公。
ほのぼのとした映画のようですね。
これを見ると私も幸せになれるのかしら。(笑)
みみずく
2007/07/30 19:06
たくさんの言葉で説明すると面白くなくなることがありますよね。
シンプルに削った方が頭が良さそうに見えるし。
うちのブログは言葉が多くてアホっぽいのですが
実際アホなので仕方がないかな。
たまには最小限の表現でやってみたいです。
映画も絵もお笑いも同じかしら?
無駄があると質が落ちるの。
のんちゃん
2007/07/30 20:34
街〜の〜♪堺正章の歌を思い出しました〜(*^_^*)
音楽って、音が大きすぎて、役者の会話が聞こえなくなって、映画の邪魔に感じることがあります〜
ちゃんと、ストーリーとマッチして、無駄がないって言うことは、本気で勝負してるようで、見るほうも、ちゃんと見なくっちゃって言う気にさせてくれそうですね!!


うえどん
2007/07/30 20:41
<みみずくさん
そうそう、みみずくさんのイメージかも?
幸せな気分になれることは 保証しますよ。
映画ファン
2007/07/31 09:12
<のんちゃん
のんちゃんがアホなら 私はどうなる?

この監督の場合 余計なことは許さないというか
観る人の想像力に任せている部分が多いかもしれません。
目を観れる人には 受ける映画だと思うよ。
映画ファン
2007/07/31 09:16
<うーちゃん
たぶん 脚本段階から 徹底的に削り
映像も 徹底的に削り 音楽もこだわって
お金でなく時間を相当かけて創られている映画だと
想像しています。
映画ファン
2007/07/31 09:18
私も題名を見てうえどんさんと同じく堺正章を思い出しましたね(笑)感じからしっとりと観られる映画と思いました。
アオザイ
2007/07/31 18:49
<アオザイさん
堺正章さんの歌も良い歌で、好きですよ。
この映画は 私の今年のベスト10に入りそうです。
後から知ったことですが、この監督さんは
小津安二郎監督に影響を受けたそうですよ。
映画ファン
2007/07/31 20:13
「街のあかり」...

オイラはチャップリンの『街の灯』を想像しました。
 (マチャアキを思い出さないとヘンかなぁ〜 (^_^;)ゞ )
チャップリンのソレは、静かだけどココロに滲みる映画でしたね。
この「街のあかり」もそんな感じでしょうか?
あら、そうか!@えちろう
2007/08/01 11:42
そうでした チャップリンのも有名でしたね。
「街の灯り」 恥ずしながら 観てないです。
が ちょっと趣が違うかも。
しっとり・・じゃないんだなあ。
台詞は少ないし音楽も少ないから 静かと言えば
静かなのですがね。説明が難しいです。
私は「過去のない男」を観た時に すごい衝撃を
受けました。お金かけなくても 大げさなストーリーじゃ
なくても 映画として 大きな感動を与えられるんだと
開眼した思いでした。
だから 「過去のない男」をご覧になれば
きっと 理解していただけると思います。

映画ファン
2007/08/01 12:14
アキ・カウリスマキ って、やる気のない撮り方をするように見えますが、実はとても細かく計算していますよね。「浮雲」みました。
映画ってのは普通非日常の世界ってことになっていますが、アキ・カウリスマキ のあまりに抑えた表現は、日常的過ぎて、かえってシュールかもね。
kotan
2007/08/04 23:54
<kotanさん
「浮雲」観てないんです。観たいなあ〜〜
明日 カウリスマキの作品2本続けて
観るかも。抑えてるところが 好きな私みたいな人と
嫌いな人と別れるかもね。
映画ファン
2007/08/05 14:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
街のあかり Laitakaupungin valot  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる