映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 「千總コレクション 京の優雅〜小袖と屏風」 展

<<   作成日時 : 2007/10/03 15:53   >>

トラックバック 0 / コメント 12


何故か 無性に
美しいものが見たくなりました。

で、前から気になっていた 仙台市博物館で開かれている
「千總コレクション 京の優雅〜小袖と屏風」展へ出かけました。

今回の展示について 博物館のホームページから拝借
2005年に創業450年を迎えた株式会社千總(ちそう)は、京都で染織業を営んできた老舗です。弘治元年(1555年)に京都室町三条で法衣(ほうえ)商を営んだことに始まり、江戸中期には友禅染の小袖を手がけるようになりました。明治期には京都を代表する画家たちに友禅下絵を依頼し、文様に芸術的な拡張を与えることで、京友禅に新風を吹き込みました。
 本展では、こうした千總が代々収集してきたコレクションの中から、江戸時代の小袖や屏風、明治以降の見本裂など約180点を、前期・後期に分けて展示します。京都を舞台に花開いた優雅な文化を味わえる機会となれば幸いです。

会場の入り口で 初めて 音声ガイドの機械を 借りました。500円也。

いやあ 耳から解説を聞くって 良いですね。

これだけ沢山 展示物があると その解説文を 全部読むというのも
相当疲れちゃうけど 主な展示品の解説はしてくれるので 助かります。

今回の目玉品は 岸 竹堂 (岸駒の弟子) と 今尾 景翠 の小袖の原画と
岸駒(がんく)と 円山応挙の屏風 かしらん。

小袖と一口に言っても ほんと いろいろあるのねえ〜〜

どれも 美しい。

とてつもない時間がかかってるね。

刺繍がすごいですが、不思議と重たくないんです。 

毎度 お馴染みの 円山応挙・・・
彼の 写生図巻 というのが あったのですが これが ほんとに素晴らしい!
それぞれの 質感とか量感とか 微妙な色合いとか 見事というしかないね。


2時間くらいかかって 観ましたが どれも もっと じっくり観たくなるほどの
作品ばかりでした。

う〜〜ん、 美しいものは 目の保養ですね。


そうそう 着物姿の人が 沢山 ご覧になってました。
皆さん 素敵でしたよ。 (お金も相当 かかってるみたいね)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
京友禅の老舗で有名な千總ですね。
友禅の絵付けが日本のデザイン・画家を生んで来たようなもの。

そして、着物絵って平面的な西洋デザインと違って
立体的な構成を意識してるから
“仕立て上げてこそわかる美しさ”もあるんですよね。
でも・・・、高いんだよなぁ〜〜。  お値段が (^_^;)ゞ
いいなぁ。 @文様えちお
2007/10/03 17:46
音声ガイドなどというハイテクがあるのですね。
うちの近所の美術館にも欲しい・・・。
ものがものだけに見学に来られる方も、それなりに着飾っておいでなのですね。
私もまた美術館に行こうと思ったりしていますが、今月の21日までは先月と同じ催し物みたいです。
・・・残念。
みみずく
2007/10/03 19:21
<えちおさん
「この着物 買って頂戴、あなた」 
とか簡単に言ってみたいものです。
値段は 想像するだに怖い。
でも 相当手間がかかってるのも分かるから
仕方ないのかなあ。
映画ファン
2007/10/03 21:47
<みみずくさん
そんなにハイテクでは なくて簡単な仕組みっぽい
ですよ。
私のように普段着の人 と 着物で着飾った人 と
両極端でした。
映画ファン
2007/10/03 21:49
こちら群馬には、桐生市というのがありますが、古くから織物の町として知られている街ですが、最近一般公募で20代〜40歳前後の女性が、貸し出された着物を着て、市内を普通に、買い物や散策などをしながら優雅に着物のPRに
勤めているようです。なかなか面白いイベントだなぁ〜〜っておもいます。
十数名ほどと言うことですが…私の住む街もこういう企画なら大賛成なんですがねェ…(^−^)
koshi
2007/10/03 22:07
着物はいいですね。
のんちゃんは絵羽がすきです。
仕立てあがった状態で身頃と袖の絵がつながっているやつ。
よく考えて絵をつけてありますからね。
うちのバアさんが着物を買ってくれますが
バアさんが染めが好きなので染めしか持っていません。
刺繍もいいなぁ。重くなければ。
帯が重いから着物は軽い方がいいですね。
袋帯じゃなければ重くないけど。
見るだけでも勉強になるから
こういう展示は積極的に見たいですね。
のんちゃん
2007/10/03 23:06
<koshiさん
昨日 着物を着てた方は 皆さん 自分で着付けを
されていたみたい。良いなあ〜〜
自分で着れるかどうか が 問題なんですよ。
というより その技術を身に付けるのも お金がかかるから
お金の問題かも?
映画ファン
2007/10/04 08:31
<のんちゃん
着てる方を見ると うやらましいけど 自分で着ると
なると、二の足踏んじゃうなあ。
見るだけでも 目の保養ってことで 良い経験に
なりました。
一流のものは 何気なく一流 で 押し付けがましくない
ですね。
映画ファン
2007/10/04 08:34
またまた記事に関係ないお話。
高校生ドラフト…佐藤くん、ヤクルトが交渉権を引き当てましたね。地元楽天にいきたかったでしょうね。残念ですが、がんばってもらいましょう。失礼しました。
おいちゃん
2007/10/04 14:05
<おいちゃん
佐藤君、ヤクルトで がんばって欲しいです。
とりあえず 有望選手を潰してしまう球団からの指名でなくて
良かったです。
映画ファン
2007/10/04 15:47
着物の絵柄は、最近は、洋風になってきましたが、昔の模様のほうが、私は好きです(*^_^*)
江戸時代の小袖柄って、今でも十分通用するんですよね〜
なぜかは、自分でもわからないんですけど、麻の葉や、紗綾形の模様が好きです〜☆
虫干し代わりに、着物着たくなってきました(*^m^*) ムフッ
うえどん
2007/10/05 23:18
<うーちゃん
うーちゃん、着物自分で着れるんだね、良いなあ〜〜。
着物の絵柄 大正期のものは 近代的な幾何学模様とかも
あったよ。
麻の葉 紗綾形・・調べて分かりました。
よく見るけど そう言うんだあ、勉強になりました。
古典的だけど 洗練された模様だね。
映画ファン
2007/10/06 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
「千總コレクション 京の優雅〜小袖と屏風」 展 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる