映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ラスト、コーション Lust,caution (R-18)

<<   作成日時 : 2008/02/06 15:04   >>

トラックバック 2 / コメント 8



●監督 アン・リー
●出演 トニー・レオン、タン・ウェイ、ジョアン・チェン、ワン・リーホン、トゥオ・ツォンファ、
     チュウ・チーイン、ガァオ・インシュアン 他
●データ2007年/アメリカ・中国・台湾・香港/158分


アン・リー監督といえば 「ブロークバック・マウンテン」 
今まで観た映画の中で ベスト10に入るくらい大好きな映画なんです。

トニー・レオンも大好きだし 期待してました。

観てから2時間しかたってない今
まだ あの世界に住んでいるような錯覚を覚えます。

1万人から選ばれたという タン・ウェイ が 素晴らしい演技。
初めてとは 到底思えません。 
あそこまで大胆な演技は 度胸がいるなあ。

「なんなんだ、こいつ!」とか怒りたくなる人物が出てきますけど
彼がいないと この物語は成り立たないしなあ。

『人間と人間の魂の結びつき』を描いた  哀しい映画でした。

音楽が 雰囲気を盛り上げて 耳に残る旋律でした。



公式ホームページは コチラ
おっと!(ポチっとする前に 周りに18歳未満のお子様がいないことを確認してくださいませ)


ホームページを開くと 歌が出てくるけど・・・イメージソングかしらん?
この歌自体は悪くはないけど この歌は この映画には出てこないし、
歌詞とか全然合ってないのでは?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラスト、コーション
台湾の話題作『 ラスト、コーション 』を見てきました。「情欲、戒め」という意味のストレートな題名です。 なんといってもトニー・レオンに注目です。(男性はやはり新星、タン・ウェイ目的でしょうか) ...続きを見る
ブレンドな日々
2008/02/15 00:16
「ラスト、コーション」情熱をもって生きるとは、陳腐なことなのだ。
「ラスト、コーション」★★★★ トニー・レオン、タン・ウェィ主演 アン・リー監督、アメリカ 中国 、2007年、158分 ...続きを見る
soramove
2008/02/20 22:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜!私も今日、見に行ってきたんですよぉ!!
いま、見終わって1時間30分くらい、私も余韻にひたってます・・・。
哀しいお話でしたね。ラストでどっちの道を選んでも、哀しい結末が待っている・・・、彼女はどっちを選ぶの?もう、ドキドキしながら見てました。
タン・ウェイは、ほんとよかったですね!葛藤というか彼女の気持ちがヒシヒシと伝わってきました!
>「なんなんだ、こいつ!」
何でそこでキスするの、3年前にしなさいよっの、あの彼ですよね。

ところで私のブログの『映画館以外で・・・』は、記事にするつもりなかったのに、間違えて携帯で発信しちゃったものなので、削除させてもらいました・・・。内容も、ちょっと中途半端だったでしょ・・・。
『モンスター』は、実話ということで見に行ってみました。すごく哀しいストーリーだったのですが、シャーリーズ・セロンの演技はすごかったんですよ!
『日本以外・・・』は、献血ルームで途中までしか見れてないのですが、興味があったら・・・?よく、映画化したなぁ・・・と思いました。
とろ♪
2008/02/06 19:31
公式ホームページにはブログパーツが最後に登場するんですね。
画面左側。
なんだか、テーマが重苦しくて今の私向きではないような・・・。
メンテナンス以降、今日初めて、みいなさんの日記がブログの最新情報に反映されていました。
「前回ログイン以降の情報のみ・・・」という言葉に偽りありです。
みみずく
2008/02/06 22:02
HP見せていただいて、トニー・レオンって、こんな顔だったかな〜・・・が最初の印象でした。
もともと、この3国の映画は、あまり観た事がなくて、以前の映画か何かのCMで見る程度だったからでしょうね〜・・
悲しい映画のようなので、思いっきり泣きたい時に観ると良さそうですね(*^_^*)
うえどん
2008/02/06 22:25
<とろ♪ちゃん
そうです、あの人。
最初から イライラしながら見てました。
女性から 総スカンされるような役ですよね。
そのくらい彼は 演技が上手ってことでもあるけど。

削除の件 わざわざ ありがとう。
「よく、映画化したなあ〜」って 皮肉かな?
いずれ この2本 観たいです。
みいな
2008/02/07 08:41
<みみずくさん
重いと言えば 重いかもしれないけど
後味は悪くないですよ。
事実を描くというより 物語的な映画なので・・
上手く言えないけど 大人向けのファンタジーとも
言えるかもしれない。
はっきり書けないけど「遊び」の描写もあるしね。
みいな
2008/02/07 08:59
<うーちゃん
「涙」を期待すると裏切られるかもよ。
泣き虫の私が 泣いてないですから。
トニー・レオンは 眼鏡をかけた顔が好き!
でも この役は 目も大事な役割だし
眼鏡は目の表情を隠しちゃうからね。
この役は わざと無表情の演技が多くて 
そこがまたシビれちゃいました。
みいな
2008/02/07 09:04
HPで流れてるのは、
映画CM用のイメージソング「夜想曲」(中 孝介さん)だって。
(まったく本編とは関係しないようですが)

40年代の上海というと
本当にいろんな謀略を日中も欧米も繰り広げた場所。
「川島芳子」という悲しい麗人も登場したりしましたね。
中国史一スリリングな、時代
2008/02/07 16:42
<えちろうさん
イメージソングって 便乗して売ろうとしてるみたいで
好きじゃないです。
普通に売ったら 良いのになあ。

不幸な時代ですね。ただ この映画は あの時代を
借りて描いた気がします。

みいな
2008/02/07 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラスト、コーション Lust,caution (R-18) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる