映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 陰日向に咲く

<<   作成日時 : 2008/02/10 18:14   >>

トラックバック 0 / コメント 10

正直 あまり期待してなかったのですが・・・

●原作 劇団ひとり
●監督 平川雄一朗
●出演 岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、
     西田敏行、三浦友和 他
●データ2008年/日本
  
いやあ こんなに泣いたのって 久々のような・・


観終わった後 原作を読んでたらしい 若い女性の二人の会話

「次は こうなるって分かってるけど 感動しちゃうね〜」
「そうだね〜 良かったね〜」


男性陣が 皆 生き生きしてました

特に 岡田准一 塚本高史  この二人が最高だね

ボロボロ泣きたい方 是非 ご覧になって。

あったかくて 後味さわやかな 映画でした。
                          
公式サイトは コチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
原作が劇団ひとりというのが凄いですね。
この人の芸も、面白いので才能はあるのでしょう。
あらすじを見ていると、なんだか複雑に絡み合った人間関係が面白そうです。
出演者がいいみたい。
みみずく
2008/02/10 18:46
こんばんは〜!この映画、私も金曜に見て来ました。
またまた、みいなさんと同じ感想ではないのですが・・・。
私は、泣けなかったデス。。。う〜ん、2時間ちょっとで、これだけの人物のエピソードを描くのは、ちょっとムリがあったように思えたのです・・・。どの人物にも、感情移入できなかった。
でも、大好きな岡田クンを見に行ったので、まっいっか?てな、感じです!
とろ
2008/02/10 20:22
偶然ですね〜今日観てきましたよ〜
でも・・・・泣かなかったんです。
もうちょいだったんですが・・・
途中でちょっと不覚にも長いマバタキを
してしまって・・。最低ですね。
隣で姫は号泣してましたけどね。
少しは隣も気にしてよと言うと、ハァ〜
って呆れ顔でした。
今度は前の日から観る気満々で行ってきます。
攻めダルマ
2008/02/10 21:31
泣きたい、泣きたい(笑)
絶対行こうっと!
娘の高校では、映画鑑賞会でこの作品を見るそうです。
岡田くん、最近スポット当たってますね!
かっこいい男は、なにやっても似合いますよねぇ。
まだむ
2008/02/11 00:32
岡田君の出るドラマに、ハズレはないって言われてるそうですけど、映画も、良さそうですね〜
「東京タワー」で、泣けなかった私でも、泣けるでしょうか?(^_^;)
うえどん
2008/02/11 04:17
<みみずくさん
人間関係が 面白いです。
よく考えたなあ〜。
小説も読みたいです。 
みいな
2008/02/12 09:11
<とろ♪ちゃん
そうですかあ〜  それは残念です。
人情もの に年々弱くなっています。
私は 岡田君があ〜なった理由をもう少し掘り下げて
欲しかった気がしましたが。
一番共感できたのは 塚本君です。
みいな
2008/02/12 09:16
<攻めダルマさん
そうですかあ、夢の世界に入ってたのね。
泣ける人と泣けない人 極端に分かれる作品かも?
観る人で変わってしまうのが 映画の面白いとこだから
それはそれで 良いのでは。
みいな
2008/02/12 09:19
<まだむさん
もしかして 泣けないかも?
岡田君 SPも良かったしね、この頃
随分活躍してるよね〜  あの目に惹かれる
みいな
2008/02/12 12:07
<うーちゃん
「東京タワー」で泣けなかったとは・・・
どうだろう、泣けるだろうか? 
むむ 微妙だあね
みいな
2008/02/12 12:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
陰日向に咲く 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる