映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ベティ・ペイジ The Notorious Bettie Page (R-15)

<<   作成日時 : 2008/04/09 16:05   >>

トラックバック 0 / コメント 10

ここんとこ 平日でも 映画館は 人が入っています。
ちょっと前のように ガラガラ状態がなくなってきましたよ。

●監督 メアリー・ハロン
●出演 グレッチェン・モル、クリス・バウアー、ジャレッド・ハリス、サラ・ポールソン、
     カーラ・セイモア、デイヴィッド・ストラザーン、リリ・テイラー 他
●データ2006年/アメリカ/91分

この映画のモデルである ベティ・ペイジは ひょっとして生きてらっしゃるの???

画像

    ネットで画像を調べたら  ↑が 最初に出てきました  かわいい

今だと そんなに過激ではないかもしれないけど 当時としては 革新的なコスチュームだし
鞭 とか 出てくるし  で 隠れて男性達が見るような雑誌に載ってたのね

主演の女優さんが かわいいし 全然 いやらしさがないの

何故か何も着てないより 服を着た時の方が セクシーなのよね

素晴らしいプロポーション!

この役 本当にぴったりです  

画像

                           グレッチェン・モル
1972年11月8日生まれ アメリカ出身。 この写真と 今日観たベティと全然違う人みたい
女は 変わるなあ〜〜〜〜 

公式サイトは コチラ


ベティと言えば アニメのベティちゃんの方が ピント来る私
『ベティちゃんグッズ専門店』が 裁判所の近くにあるんだけど
お客さんが なかなか入り辛い雰囲気・・・ やっていけてるのかなあ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
かわいい〜!!かわいい〜!!
(2回言った)
すっごいキュートですね。
今でもモテモテじゃないかしら。
ご存命なら80代半ばですね。

ボンテージもムチも今じゃ普通にテレビで見るけど
この当時はタブーですよね。
南部は今でもかなり保守的だし。
のんちゃんは南部にホームステイしたけど
90年代後半でもいろいろ保守的でしたよ。
のんちゃん
2008/04/09 16:53
昨日の試合は、ご慈悲を頂き誠にありがとうございました。まさか7点差をひっくり返せるとは…。これでやっと楽天から1章ですからね。さて、今日はどうなりますやら、楽しみです。
おいちゃん
2008/04/09 17:05
私もアニメのベティちゃんしかイメージに無かったです。
実在の人物だったのでしたか。
かつらを被って、化粧をしたら、女性はいくらでも別人に変わる事が出来るのですね。
みみずく
2008/04/09 20:46
みいなさんのおかげで、アメリカ風俗の裏面の勉強になります。
“裏マリリン”っていうコピーがチョと悲しいけど、
ある意味ではアメリカ男の崇拝対象であったのは事実かな。

アメリカで関心するとこは、(没落後といえども)
一度貼り付けたレッテルをキチンと再評価して、
剥がしてあげられる勇気を持っていることでしょうか。
(国を構成する民族の多様性によるっていう条件があるにせよ)

日本はそれが出来ず、言い訳と誤魔化しに終始してしまいがち。

そうそう、ハナシは脱線しますが
みいなさんが記事にされた伊坂さんの「ゴールデンスランバー」。
やっぱり今年の『本屋大賞』作品になりましたね。
みいなさんの後追いして読みましたが(笑)、
なかなか肉厚な構成の物語になってましたから
“さも在りなん”っていう所でしょうかね。
ゴチャ混ぜお...^^;
2008/04/09 21:05
<のんちゃん
ベティは額が大きいから 髪を下ろしたそうだよ。
かわいいよね〜〜 女性にも人気があるそうな。

のんちゃんは南部に居たことあるんだあ!
選挙でもそんなこと言ってたよね。保守的なんだね。
みいな
2008/04/10 08:28
<おいちゃん
う・・・ また借金生活をしている楽天なのです。
悲しい。
気分を変えて 今日はがんばって欲しいよう
みいな
2008/04/10 08:30
<みみずくさん
調べてみたら アニメのベティちゃんは ベティ・ブープと
言って この映画のベティ・ペイジより前のキャラのようです。
ということは ベティ・ペイジは ベティちゃんのイメージを
まねしたのかしらん?スタイルが似てるのよね。

近頃は男性も化粧をすることが だんだん普及してるかも?
変身する男性も増えそうですね
みいな
2008/04/10 08:35
<えちさん
再評価してくれる懐の深さ  日本にも欲しいですね。
この映画 91分と短いので 時間の隙間に
いかがですかあ?目の保養にもなります むふ

本屋大賞受賞は 伊坂さんが仙台在住ってことで 
こちらではニュースで大々的に放送されていましたよ。
なんだか 自分のことのようにうれしいです。
余談ですが 「重力ピエロ」が映画になるそうで
期待しています。
みいな
2008/04/10 08:43
春休みも終わったのにしかも平日に映画鑑賞の人が多いとは?
確かに80年代は今の様に何も身に着けてなくてもセクシーさを感じましたよね。女性は化粧の仕方や髪型ですっかり変わりますよね。
アオザイ
2008/04/10 12:05
<アオザイさん
この映画では 服を着てる方が セクシーなの、
普通の映画と違ってね。
わざと そういう風に撮ってるみたいよ。
そういえば ずっと 同じ髪型です。
上野樹里ちゃんみたいに変身しようかしらん。 
みいな
2008/04/10 14:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベティ・ペイジ The Notorious Bettie Page (R-15) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる