映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS いのちの食べ方 OUR DAILY BREAD (PG-12)

<<   作成日時 : 2008/07/08 08:53   >>

トラックバック 0 / コメント 12


●監督 ニコラウス・ゲイハルター
●出演 クラウス・ハンセン・ペッツ、バーバラ・ハインツ、アンナ・ベスキ 他
●データ2005年/ドイツ・オーストリア/92分


台詞は一切なくて ただただ 「現場」を写したドキュメンタリー映画です。

牛を殺し 腹を割き 内臓を取り出して 真っ二つに切る・・

こう書くと残酷映像?とか思われそうですが 淡々と そして絶妙なカメラ位置のお陰もあって

目を覆いたくなることは ありませんでした。

むしろ この現実を しっかりと知り 改めて 「食」というものに もっと向き合わねばと

厳粛な気持ちになりました。


ガスマスクをつけての 野菜への農薬散布 

ひよこの選別 

巨大農場での 機械的な作業  など

ナレーションさえも排除した映像が 続きます。


映画の後 食事をしましたが 「ありがたい」という気持ちで一杯になっていました。


「いただきます」 は 本当に 「命を いただきます」 でした。



公式サイトは こちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今の食料問題も騒がれて居ますから考え直すのも良い映画かもね。先進国(日本も含む)ですが豊かで何でも買える国の人はもう一度考え餓えで困って居る人が沢山居る事もこの映画で解って貰いたいですよね。
アオザイ
2008/07/08 11:57
公式ページにもさすがにストーリーはありませんでした。
ドキュメンタリーというより記録映画という感じですかねえ。
たまにナレーションだけの野生動物の番組を見たりすることもありますが、
淡々と見てしまうんです。
当たり前のことなんですが、生きるというのは、他の命を頂くということなんですよね。
我々が目にする食料は既に加工されたものが多いので、そのことを忘れがちですけどね。
みみずく
2008/07/08 13:02
うちでは「いただきます」と「ごちそうさま」は正座で合掌です。
毎朝毎晩毎食必ずやります。
初めて二人で一緒に食事したとき、やっくん&のんちゃんが同じ仕草だったのでビックリしたのを覚えています。
自分で鶏をつぶしたことがありますが、牛や豚はつぶしたことがないです。
でもパックの肉を買うんだから、間接的に屠殺してますよね。
肉も魚も野菜も命ですから、日々感謝して食事しないといけないですよね。

「給食なんて!お金払ってこんなまずいものを食べさせてるんだから、いただきますを強制しないでくれませんか?言う必要ないです!」
っていう母親に、当時副担任だったのんちゃんのアゴが外れました。
のんちゃん
2008/07/08 15:18
<アオザイさん
人間も動物だったんだ ということを
改めて感じました。
きれい事を言っていても 結局 動物を殺して食べていると
いうことを忘れたくないです。
みいな
2008/07/08 15:25
<みみずくさん
弱肉強食の世界だったんですよね。
日々 何でも簡単に手に入るから
忘れてしまっていました。
みいな
2008/07/08 15:27
<のんちゃん
食べ物に対する考え方って 他のことにも
あてはまるのでは?命を大事にしない人は
食べ物も大事にしないかもね。
え〜〜!そんな非常識な母親もいるのですね。
そういう親に育てられた子供って 将来が心配ですね。
みいな
2008/07/08 15:30
これは興味深い映画ですね。ナレーションすらもない、淡々とした食肉を作る映像。
確かに真実を映し出している。そんな気がします。
桃源児
2008/07/08 22:49
田舎育ちの私は、子供の頃から、家で飼育して卵を産まなくなったヒネ鳥を さばくのに、羽むしりなど、普通に手伝ってました。
昨日まで餌をあげてた鳥でも、特別な感情もなく、それが普通の事でした。
野菜も、道の駅という場所に出荷していますが、たくさん採れすぎて売れないものや、形が悪くて行き先のないものは、ほとんど貰って来ます。
少しぐらいの傷みや、虫食いは、その部分だけ削れば、スーパーの野菜よりおいしいですよ(^_-)-☆
昔から、農家はそうやってお天道様、田んぼの神様、井戸の神様に感謝して生きてきました。
野菜もお肉も魚も、精一杯育てて、収穫した人の心もこもってます。
でも、あまり貰い過ぎると、食べるのに、苦労するんですよね〜(^_^;)
全部貰うって言った時の母のうれしそうな顔を見ると、いらないとは言えないし・・
たまに、食べ切れなくて、腐らせちゃうんですよね〜・・・野菜さん、ごめんなさいm(__)m
うえどん
2008/07/09 00:55
<桃源児さん
是非 ご覧ください。
いろんな光景が強く残っています。
昨日鳥肉を料理しながら 大事に使わねばと
思い出していました。
みいな
2008/07/09 09:30
<うーちゃん
うーちゃんは 分かっている世界なんだね。
私は なす や きゅうり ミニトマトとかを
育てたことがあるくらいだから 頭では分かっていたことだけど
現実を見ると やはり衝撃が大きかったよ。
まずは 残飯を減らすことから 始めたいよね。
みいな
2008/07/09 09:36
この作品、こちらでは、かなり前に1週間限定で上映されてました。見ようかなぁと、思ったのですが、朝1回のみの上映で、時間的にムリだったし、ご飯が食べれなくなりそうな気がして・・・。結局、見ませんでした。
でも、みいなさんの感想を読んだら、見ておけばよかったかなぁと、思いました。
とろ♪
2008/07/09 20:06
<とろ♪ちゃん
ご飯が食べられなくなる・・というより
ご飯を大切に食べるようになる映画だと思うよ。
食べられなくなる映画は マク○○○○の裏を描いた
映画のほうでは?
あれも見たかったけど もう終わってしまいました。
みいな
2008/07/10 08:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
いのちの食べ方 OUR DAILY BREAD (PG-12) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる