映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS イントゥ・ザ・ワイルド INTO THE WILD

<<   作成日時 : 2008/10/29 09:44   >>

トラックバック 0 / コメント 10

ショーン・ペンが監督したということが話題です

●原作 ジョン・クラカワー
●監督 ショーン・ペン
●出演 エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、
     ヴィンス・ヴォーン 他
●データ2007年/アメリカ/140分

静かな 心に沁みる映画でした

ロードムービー って やっぱりハズレは無いのね。


《持っているもの全てを消して 放浪の旅に出る》 その潔さ  なかなか出来ることじゃないです。

主演のエミール・ハーシュ・・魂が乗り移ったような演技。
演技と感じられないほど自然体なの。

「スピード・レーサー」と 同じ人とは思えない。

母役マーシャ・ゲイ・ハーデン 父役ウィリアム・ハート や 他の出演者誰もが 素晴らしい演技でした。


ショーン・ペン監督の熱い思いが 画面から伝わってきました。

画像
                               エミール・ハーシュ
23歳と若いのに 髭がよく似合ってました。髭のある写真が無くて残念です。

趣味の良い音楽が効果的でした

公式サイトは こちら

○○が・・・ やっぱりね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
何故テンプレが雪なのかと思い公式サイトを見ましたが上手くは観れませんでしたがアラスカで解りましたよまた夜中に観る事にしますね。最後の○○が少し気になりますからね。
アオザイ
2008/10/29 17:51
<アオザイさん
公式サイトは すごく重くて まだ見てないんですよ。

観た直後よりも 後から感動が押し寄せてくるような
余韻のある映画でした。
みいな
2008/10/29 18:12
ショーン・ペンって、彼自身が俳優さんの・・・?
公式サイトを見てみましたが、ストーリーがよく分かりませんでした。
なぜアラスカへ行くのか??
・・・自分をぶっ壊す旅?!
うーん・・・。
みみずく
2008/10/29 20:05
最近、ショーン・ペンの映画を見たんだけど、何だったか思い出せなくて・・(T_T)
何で今頃ショーン・ペン?って思ったけど、この映画があったからなんですね〜
何もかも捨てて放浪の旅に出る・・なんとなく、理解できる気がします。
親類も知り合いも、自分を知る人が誰もいない場所で、一から生きなおしてみる・・底辺の職業についてみて、周りの人の反応が、どう変わるかなど、つらい事もあったけど、ほんとの自分を、まだ少しだけど知る事もできました。
うえどん
2008/10/30 01:07
<みみずくさん
ショーン・ペンは そうです、オスカー俳優の彼です。
どうやらクリント・イーストウッド監督を意識してる
みたいね。
ショーン・ペンといえば 「アイ・アム・サム」の彼が
凄かったですね。
監督業も良いけど また 難しい役に挑戦して欲しいです。
みいな
2008/10/30 08:13
<うーちゃん
うーちゃんにも似た経験があったのね。
周りに知り合いがいない世界って 
新しく自分を変えるチャンスでもあって
なんかワクワクするよね。
若い頃だから出来ることかも?


みいな
2008/10/30 08:25
ショーンペン・・・個人的には・・・私生活的にいうと
彼の事、ドわい嫌いだけども、演技力については
ばっつぐんですよね!アイアムサム・・・懐かしいなぁ!
えみーるくん・・・素敵(照&恥)
お髭がとっても似合うわん
aya
2008/10/31 12:55
URL をぽちっと・・・・
aya
URL
2008/10/31 13:01
<ayaさん
アイアムサムは 他の出演者も皆上手だったよね〜。
私も3年前くらいに観たよん。

エミール君 こんなに演技が上手いと思わなかったので
びっくりしたよ。これからも良い役がきそうだね。
みいな
2008/10/31 13:36
そうそう、静かに心にしみる作品でしたね。
お金もカードも何もかも捨てて・・・。私には到底出来そうにありません。
ラストが、もう切なすぎて・・・。せっかく帰ろうとしたのに、なんでぇ〜!って叫びそうでしたよ・・・。

エミール・ハーシュ、よかったですね。『スピードレーサー』の彼と同一人物とは・・・、驚きです!
とろ♪
2008/11/01 18:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
イントゥ・ザ・ワイルド INTO THE WILD  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる