映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS レッドクリフPart1  RED CLIFF/赤壁

<<   作成日時 : 2008/11/04 09:18   >>

トラックバック 0 / コメント 14

話題作ですね!!


●監督 ジョン・ウー
●出演 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ 他
●データ2008年/中国/145分

トニー・レオンは てっきり 劉備だと思ってました。

周瑜の役だったのね。って 名前しか聞いたことがなかった・・。お恥ずかしい。


この映画 とても親切に出来てました。

一度で名前と顔が一致しなくても 次に出た時にも また名前を出してくれちゃうし

場所も 親切に教えてくれます。

だから 三国志について全く知らなくても 分かり易いのでは?

ただ知っていたほうが 面白さも倍増するでしょうね。

趙雲、張飛、関羽 の3人が 息子達が夢中になって遊んでいた 三国志のテレビゲームのキャラクターと 

そっくり!なのには 思わず頬がゆるんでしまいました。


全体的にバランスがとれた 肩の凝らないエンターテイメントに仕上がっています。


”憧れの諸葛孔明”の活躍が Part2では もっと見れるかなあ?

画像
                                トニー・レオン
今や国際的スターですね。 今年の7月に結婚式を挙げてたのね。まだ独身だと勝手に思ってました。
ん〜〜 あの唇が 色っぽいです。


Part2は 来年の4月公開ですって。 楽しみが増えました。

岩代太郎の音楽が 素晴らしい!


公式サイトは こちら

あの人って 本当に良い人なの?・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いったい、パート何番まで続くのでしょうね。
ものすごく長い本ですからねえ。
蜀ではなくて、呉の話が中心?
テレビで、ひっきりなしにCM打っていますね。
みみずく
2008/11/04 11:13
三国志を題材にする作品はスケールと配役がタイヘンだぁね。

ちなみに周瑜は“三国志一番のイイ男”でしかも呉国一の知性と言われた若者。しかも、奥さんは三国志有数の美女!
ただ、早死にしてしまうので活躍場面が少なく、そこがかえって女性ファンを熱くさせるようです。
「周瑜」を主人公にした説話も、日中両国でたくさん出てますョン。


ところで金城クンの「孔明」はどんな印象だったでしょうか?
周瑜好きえちお(^^;
2008/11/04 11:50
中国はこの様な映画は多いですよね。此方のテレビも昔の映画やテレビドラマが良く流れていますよ。中国となっていますが台湾映画ですよね。創作費は随分掛かったと思いますね。
アオザイ
2008/11/04 12:36
<みみずくさん
三国志は相当長いみたいですが この映画は
題名のように「赤壁の戦い」がメインですから
Part2で終わりみたいですよ。
みみずくさんも 詳しいようですね。
私も詳しくなりたいです。
みいな
2008/11/04 16:06
<お久しぶりのえちさん
奥さんは 早死にかあ〜
まさしく美人薄命ですねえ。
周瑜って 知的で良い男だったのね。
まさしく私の好みだわ。

金城武君は 清潔感がありました。
台詞は 少ない感じでしたよ。
彼のファンは ものすごく多いので 
そのくらいでご勘弁を。
みいな
2008/11/04 16:12
<アオザイさん
中国ではなく台湾映画ですか?
これは ネットから そのまんま拝借したので・・。
100億円とか言われてますね。
スケールが大きいので そのくらいかかっていそうです。
みいな
2008/11/04 16:17
コメントの書き方がまずかった(笑)。

“早死に”するのは小喬(奥さん)じゃなくて、「周瑜」自身です。。。。
(あっ、バラすとまずかったのかな・・・)

「諸葛亮」(孔明)はイメージが出来上がっちゃってますからネェ(^^;)

ゴメンね、えちお(-_-;)
2008/11/04 17:48
<えちさん 
いえいえ、わざわざ ありがとうございます。
そうだったのかあ、残念。
良い男も短命って ことかしらね。
みいな
2008/11/04 17:54
僕も初日に見に行きましたぁー!
三国志大好きなので、とても楽しめましたよ。
冒頭の日本語解説や、メインキャストが登場するたびに名前が表示されるのは親切ですね。
パートUが今から本当に楽しみです。
それから余計なことですが、
皆さんのコメントのところ、補足すると「三国志演義」では、
周瑜は亡くなる頃には、魏と呉の「天下二分の計」を立て、この映画で同盟を結んでいた蜀と敵対するようになっていたのですが、呉国一の知性を持ってしても、孔明の繰り出す作戦の前にはいつも煮え湯を飲まされ、「天はこの世に周瑜を生みながら、なぜ諸葛亮をも生んだのだ!」と叫んで死んだということになっています。
hiro
2008/11/05 07:45
<hiroさん
三国志のファンは 男性が多いのでは?
正史と演義があることも 最近知ったくらい疎いので
三国志を読んでみたいとも思うのですが 長くて
なかなか読み始められません。

へぇ〜 そうなんですね。そういうことを分かっているのと
いないのでは 映画の楽しみの深さが違っちゃいますね。
みいな
2008/11/05 08:20
お恥ずかしながら、三国志は、題名ぐらいは聞いた事があっても、内容は、全く知らなくて・・(^_^;)
登場人物が、実在の人物なのかどうかさえも・・・
金城武って、そこそこイケメンだし芝居も上手なのに、イマイチ売れてない気がするのは、なぜなんでしょうね〜・・・台湾や中国では、大スターなのかしらん!?
うえどん
2008/11/08 01:30
こんにちわ〜!私はだんなが1日は仕事だったので2日に見に行きました!
期待を裏切らない出来で、とてもおもしろかったですねぇ!
私はこの作品で初めて“三国志”というものにふれました。なんか、おもしろそうなんで、ちょっと勉強してみたいかもと、思ってるのですが、文字ばかりだと途中で断念しそうなので、とりあえず漫画あたりから手をつけてみようかなぁと、思ってるところです。
話変わりますが、やっと『容疑者Xの献身』見てきましたぁ!とっても切なかったけどおもしろかったです。言われてた通りドラマとは切り離して見たほうがいいですね。後半の石神役の堤真一の演技に涙涙でした。
とろ♪
2008/11/08 15:44
<うーちゃん
この映画のこと書くために ネットでちょっと
調べてみましたが 三国志には「正史」と「演義」ってのが
あって 「演義」では フィクションが多いらしいよ。
だけど その「演義」で描かれていることが
一般に知られてるらしい。
この映画の登場人物は だいたい実在したのでは?
私は息子達が夢中でゲームしてたから名前くらいは知ってるのと
NHKの人形劇が好きだったから 三顧の礼とか
ちょっと知ってる程度です。
金城武君は 人気あると思うよ。大スターだと思うけど。
「K−20」にも主演するしね。
みいな
2008/11/08 16:30
<とろ♪ちゃん
私はhiroさんお薦めの北方謙三版の「三国志」を
読みたいと思ってますよ。

「容疑者Xの献身」も本のほうも読んでみたらどうかしら?
原作との違いを比べるのも楽しいと思うよ。
堤真一 良かったよね〜〜 彼は やはり上手いね。
みいな
2008/11/08 16:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッドクリフPart1  RED CLIFF/赤壁  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる