映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰も守ってくれない Nobody to watch over me

<<   作成日時 : 2009/02/13 16:53   >>

トラックバック 0 / コメント 16

昨日は 980円のランチを挟んで もう一本観ちゃいました。

なんと 私の前の席には 同じ男性が いましたよ。(リュックが同じだから分かりました)

●監督 君塚良一
●出演 佐藤浩市、志田未来、柳葉敏郎、石田ゆり子、佐々木蔵之助、佐野史郎、木村佳乃 他
●データ2008年/日本/118分


《兄が未成年で殺人を犯し逮捕される。同時に 警察は容疑者家族保護マニュアルにのっとり

15歳の妹 両親 それぞれを保護することに・・・》

重い題材なので この映画はパスする予定だったのですが  珍しく見た朝の情報番組で

小倉さんが 激賞していたものでみることにしました。



加害者本人は 警察という密室にいるので マスコミや世間の目から 隔絶されているかもしれません。

その家族は マスコミからは「謝罪」を要求され ネットからは「死ね」と言われ つけ回されるという現実が

待っています。

加害者の妹を 必死に守ろうとする刑事役が 佐藤浩市 です。

その姿は 涙なしには見れません。 今まで見た中で 一番好きです、この役。


やはり重たい映画でしたが 救いもあり 癒しもあって 力作だと思います。


佐藤浩市は 前にも映像を載せたので 今回は この方を。
画像
                                 佐々木蔵之助
京都市出身の41歳。182センチの長身。痩せてみえるけど そうでもないんだって。O型。
ここんとこ ずっと 出ずっぱりですね。


公式サイトは こちら



この記事とは無関係ですが ランチのことを

紅茶専門店が経営してるだけのことはあって 紅茶がすっごく良い香り〜

合鴨の燻製 と ひよこ豆とレンズ豆の煮物、 キッシュ、サラダ、パン(周りがパリパリで 中がふんわり)が

ワンプレートにのっています。野菜は オーガニックとのこと。

他には さつまいものスープ、 デザートには オレンジゼリー でした。 

量は少なめでしたが どれも 美味しく頂きました。  


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
志田未来ちゃんの演技、上手いと評判ですよねぇ。
(TVで見るかぎりは相当に天然っぽいですが)

数年前に市内が洪水被害にあったとき、
ものすごい数のマスコミが押し寄せたことがありました。
こっちは目の前のコトで泡喰ってオロオロなのに、
平気で住宅内まで上がりこんでインタビュー。
聞かれたおばあちゃんが余りにミジメに見えて、
思わず大声を出したもんでした。
警察や消防もそういう点にはなかなか手が回りません。
(地震の時も似たような雰囲気があったのですが、
その際は報道側でも多少の配慮が入ったようでした。)


「犯罪被害者家族」と「加害者家族」。
どちらにしろ、白日にさらされる屈辱と見境のない罵倒。
どのように周り(近隣、公安、報道など)が扱うべきか?
ホントにこればっかりは個人的な回答は出せません。
いつかは我が身? @えちお
2009/02/13 17:16
らんちぃ・・・・
おいしちょう・・・・(指をくわえて)

182cm!!(@@)
そのぐらいだといいよね〜〜!(^^#)
aya
2009/02/13 18:28
<えちさん
報道する側にも 良識が求められると思います。
被害者の顔をテレビや新聞に載せる必要があるのか?と
いつも疑問です。
どの程度の報道が許されるのか 難しい問題ですね。
みいな
2009/02/13 21:21
<ayaさん
182センチもあると ぶら下がれるなあ〜
むか〜し、一度だけ 手にぶら下がったことがあったっけ。
みいな
2009/02/13 21:26
こんばんは☆
濃いめの顔が好きな私です。
佐藤浩市は外せませんけれど。
この彼も好きです,背が高いから。
長身の男もなかなかですね。
でももっと年上かと思っていました。
若いのですね,ぷっ☆
ストーリーは重そうなので,私も躊躇していました。
来週,行こうかしら?
人魚姫
2009/02/13 22:42
今の時代にマッチした映画の様ですね。日本はマスコミは異常ですよね。ベトナムの様に顔まで写さなくてもね。この映画一度テレビでも有ったのですか
アオザイ
2009/02/13 22:48
最近は、犯罪が起きると、必ずその家族のインタビューが、ニュースで流れる事が多くなりましたね
年老いて、ショックを受けてる親にまで問い詰めるようなマスコミの姿に、時々憤慨する事があります。
犯罪じたいは、憎むべき事なのですが、年老いて、今にも倒れそうなほどショックを受けてる人に、そこまで追い込まなくても、と・・・

1日に2本の映画三昧で、ランチつきなんて、優雅な1日でしたね〜
う〜ん・・想像したら、ヨダレが〜〜〜(@ ̄¬ ̄@)ジュルリ♪
最近、キッシュに目覚めた私です(*^_^*)
うえどん
2009/02/13 23:19
これもテレビのCMで、つい最近見たように思います。
やはり、加害者の家族も被害者なのですね。
犯罪者でなくても事故でも同じような状況になると思います。
そのとき現実に警察が守ってくれるのかどうかは、いささか疑問が残りますが・・・。

裁判員制度になって、検事側が被害者の家族や現場の写真を持ち出し、弁護側が加害者の家族の状況を持ち出すという想定も出来ます。
すごくむごいものを目にしないといけないのでしょうか。
そんな考えが頭をよぎります。
みみずく
2009/02/14 05:24
<人魚姫さん
痩せてみえるけど 本当はムキムキっていう男性って
魅力的ですよね。
人魚姫さんは 濃いめのお顔が好みなのね〜
私も どちらかというと濃いめが好きみたいです。

重いですけど 感動されると思いますよ。
お時間があるのなら 是非 どうぞ。
みいな
2009/02/14 16:05
<アオザイさん
犯罪者の顔は映しても良いかもと思ったりします。
被害者の顔は 新聞などに載せなくても良いと
いつも感じます。
この映画は テレビではやってないと思いますよ。
みいな
2009/02/14 16:09
<うーちゃん
家族のインタビューは一体なんの為なのでしょうか?
「私の育て方が悪かった」とでも言わせたいのかもしれません。
インタビューを聞いても 後味が悪いです。

私にとって とても贅沢な一日でした。
キッシュ、自分でも作れるかしらん。
うーちゃんなら簡単に出来そうだよ。
みいな
2009/02/14 17:57
<みみずくさん
みみずくさんがおっしゃるのと 同じセリフが
出てきます。 なんだかやりきれないです。

裁判員制度になったら そうなんですねえ、そういう状況も
考えられるのですね。どうなるのでしょうか?
もうすぐ 始まるのですね。
みいな
2009/02/14 18:01
この映画はぐさっと来たね。こまかい粗はあるものの、リアルな題材で問題提起。
佐々木蔵之介は意外と出番少なかったですね。

テレビでやってたのは、アナザーストーリーというか、映画の話の数カ月前の別の事件って設定の2時間ドラマですよ。それだけだとたいしたことないんだけど、それ見てから映画見ると、より楽しめます。
ぼくんち杉並区†
URL
2009/02/14 21:08
<ぼくんち杉並区さん
そうですねえ、細かいところ 文句をつけようと思ったら
いろいろとあるかもしれません。
佐々木蔵之介は 出番が少なかったけど あ〜いう役が
合ってるなと思ったもので。正義感みたいなのは 合わない気がするんです。

テレビでやってたのですねえ。情報ありがとうございます。
みいな
2009/02/15 10:41
この映画の佐藤浩市よかったですよねぇ〜!体張って私のコトも守ってぇ〜って、思っちゃいました?

マスコミも怖いけど、それ以上に一般人が恐ろしかったですね。今までも、よくネットに少年犯罪者の写真とかアップされてましたけど…、こんな事が!?っとけっこうショッキングでした。
犯罪者の家族も犯罪者か?違うってわかってるんだけど…、いろいろ考えさせられました。
とろ♪
2009/02/23 21:01
<とろ♪ちゃん
うんうん、守って欲しいと思ったよ。
「君を守る」っていう言葉に 超弱いです。

まるで獲りつかれたように
正義を振りかざして行動しちゃうんだよね。
これも一種の犯罪かもしれないよね。
みいな
2009/02/24 08:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰も守ってくれない Nobody to watch over me  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる