映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 三国志

<<   作成日時 : 2009/04/07 09:13   >>

トラックバック 1 / コメント 8

Three Kingdoms:Resurrection of the Dragon

お〜 「レッドクリフ U」の公開も近いし こっちはどんな映画でしょうか?

●監督 ダニエル・リー
●出演 アンディ・ラウ、マギー・Q、サモ・ハン、ヴァネス・ウー、アンディ・オン 他
●データ2008年/中国/102分


102分で どうやって「三国志」をまとめるのだろう?と ちょい不安でしたが

「趙雲」を中心にした物語だったのね。


趙雲 って 素敵! 

めっちゃ強いし、信義に厚く  優しい〜  まさに男性の理想像だわ。



とっても残念だったのは 「それから 20年の時が経ち・・」って いきなりなのです。

ひょっとして 映像を大幅カットしたの? 仕方なかったの?

少しでいいから エピソードをはさむなどして 20年の時を描いて欲しかった。

そうすれば もっとラストで感動できたと思うんですよ。

やっぱり 102分にまとめるのは 無理だったのかしらねえ。

画像
                                アンディ・ラウ
香港生まれ 47歳。  「墨攻」も良かったけど この映画も彼にぴったりでした。
トニー・レオンと 彼 どっちも良いなあ〜。

公式サイトは こちら


二人を止めたってことは あの人って 凄い!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「三国志」について
「三国志」について 私も少し前に観ましたが「マカロニウエスタン」みたいだったなぁ。 ...続きを見る
無手勝流
2009/04/07 10:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史的長編小説が元ですから作るのには大変だったでしょうね。
主人公を劉備や孔明にしないというのは、新しい観点で面白いですね。
サモハン・キンポーというのも息の長い役者さんですねぇ。
みみずく
2009/04/07 13:28
本当にこの手の映画にしては少し短過ぎるかと思いますね。
中国は良く三国志や少林寺系の映画が多く感じられますよね。テレビドラマも多いですよ。昔の作品がベトナムでも良く流されますね
アオザイ
2009/04/07 16:51
<みみずくさん
趙雲が主演って 珍しいかも。
サモ・ハン・キンポーは 昔から有名でしたねえ。
調べたら57歳でした。この映画ではもっと老けてる感じです。
みいな
2009/04/07 17:46
<アオザイさん
少林寺の映画も面白いですよね!
しばらくご無沙汰してるなあ。

せっかく迫力あるシーンとかあるのだから
もっと長い映画にしてほしかったです。
みいな
2009/04/07 17:48
ブルース・リーの「燃えよドラゴン」の中で、タイトルバックの中で最初にやられるのがサモハンなのです。
まだ、相当若くて細いのでよく見ないと分かりませんが、私も偶然発見してビックリしました。
面影が見て取れます。
機会があれば、発見してみてください。
みみずく
2009/04/07 18:23
<みみずくさん
「燃えよドラゴン」は 友人に勧められてしぶしぶ観に行ったのに
ブルース・リーに すっかり魅了されてしまった 思い出の映画
です。そうかあ 最初にやられちゃったのね。
彼の映像を検索していて 顔を思い出しました。
昔の映像と 目は同じだけど体重が違っちゃってますね。
みいな
2009/04/08 08:15
趙雲は、三国志で一番人気がありますよね。
ジョン・ウー監督もお気に入りみたいだし。(笑)
トニー・レオンとアンディ・ラウは僕も双璧だと思います。だから本当はアンディ・ラウはこの映画の趙雲ではなく、「レッドクリフ」の方で孫権の兄、孫策を演じてほしかったのですが・・・回想シーンだけとかだともったいないですかね。
hiro
2009/05/04 07:50
<hiroさん
私の中では 趙雲のイメージって アンディ・ラウとは 
ちょっと違うのですが この映画の場合 年をとってからの
シーンが重要だから彼にしたのでしょうねえ。
孫策って名前しか聞いたことがないもので、
どうなのかなあ?残念ながら想像ができません。
みいな
2009/05/04 13:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
三国志 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる