映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS レッドクリフ Part II

<<   作成日時 : 2009/04/12 17:54   >>

トラックバック 0 / コメント 12

いよいよ赤壁の戦いね  ワクワクします
 
●監督 ジョン・ウー
●出演 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 他
●データ2009年/アメリカ、中国、日本、台湾、韓国

たっぷりと楽しみました。 

Part1と同じように 最初に分かり易い解説があるから

1を観てない方でも 理解できますのでご安心を。


10万本の矢の話とか 赤壁の戦いのことを 少し予習していて良かったなあ。


今回のポイントは 二人の女性の活躍でしょうねえ。

トニー・レオン扮する周瑜より チャン・フォンイー扮する曹操のほうが 目立ってたかも。

耳に残る 岩代太郎の音楽が素晴らしい

是非とも 映画館でご覧くださいませ!

画像
                               リン・チーリン
台北出身 34歳。 もっと若いと思ってました。174センチの長身の美女。 映画とはイメージの違う写真です。
初めての映画出演とは思えない 堂々たる演技でした。


公式サイトは こちら


一口じゃあ無理だわ・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
PartUも面白そうですね。今回は戦う男性の裏方(女性)の心理なども有るみたいですね。沢山の人数でエキストラを集めるの大変だったでしょうね。
アオザイ
2009/04/13 00:20
昨日テレビでパート1をやっていたので見ていました。
一騎当千というか戦いの場面はどこの国の映画でも派手ですね。
ホームページ、ずいぶんボタンがあってどれを押していいのか分からずに・・・家に帰ってからゆっくり見ることにしましょう。
みみずく
2009/04/13 08:54
<アオザイさん
期待以上に面白かったですよ!
もう一度観たいです。
ジョン・ウー監督は ものすごい人数を使う映画が
お好きなのか得意なのか ・・とにかく凄い人数に見えました。
みいな
2009/04/13 09:01
<みみずくさん
この頃は テレビの放送も早くなりましたね。
ホームページは 私はちょっとしか見ていないです。
充実したサイトですねえ。
みいな
2009/04/13 09:05
こんにちは!
期待を裏切らない素晴らしい出来でしたねぇ!
女性陣の活躍が、よりお話を面白くさせてましたね。
っていうか、リン・チーリンって34歳なんですか!?うそぉ〜!驚きですぅ〜!てっきり20代だと思ってましたぁ〜。そっかぁ…、34歳かぁ…。私とあまり変わらないんだぁ…。がんばらねば
p(^-^)q
とろ♪
2009/04/13 16:41
<とろ♪ちゃん
うんうん 面白かったよね〜
私も年齢を聞いて驚きました。
肌がしっとりツヤツヤだよね。うらやましいったら
ありゃしないよ。
とろちゃんも がんば!
みいな
2009/04/13 17:21
日曜日に見に行ってきました。
面白かったです。点数を付けるなら90点。
マイナス10点は・・・近いうちにブログにUPするので覗いてくださいね。
金城武が格好良かったと思います。
パートTでは彼の孔明役に少しだけ違和感を感じていましたが、今回の彼は孔明にしか見えませんでした。
リン・チーリンは、日本語が少し話せて、好きな食べ物は『味噌ラーメン』だそうです。とろちゃんのブログにも書きましたが、彼女は、肌の美しさを活かすためにジョン・ウー監督の指示で、ファンデーションとか、塗っていないらしいですよ。
久しぶりの“一目惚れ”です。(笑)
hiro
2009/04/14 01:21
<hiroさん
私もパート1で少し違和感があったけど 金城武君の孔明は 
気品があってとても良かったと思ってます。

え〜!!!
あれってファンデーションなし!!
かなりの衝撃です。シミがない しわがない 白い・・・
美しい〜 
hiroさんのお気持ちが 分かりますよ〜

みいな
2009/04/14 08:24
なかなか映画館へいけないのですが、この映画は観にいきたいです。
迫力あるもんね。金城君とトニー・レオン、好きだし。
kotan
2009/04/21 12:19
<kotanさん
これこそ 映画館で観たい映画ですよ。
金城君とトニー・レオン好きだったら
どうしたって 外せないよね。
みいな
2009/04/21 16:55
やっと見てきました。
やたらと、孔明と周瑜の見詰め合うシーンが多くて&近くてドキドキしましたわ♪ジョン・ウー監督は三国志の中では、中ほどのお話の赤壁にスポットを当てて、見事に成功しましたね。
こんな大逆転もあるのだから、世界中のみんな頑張れ!とエールを送っておられるのですね。
元気を一杯もらった気がします。
まだむ
2009/04/29 14:05
<まだむさん
二人の距離が近い〜 と 私も思いました。
男同士でも なんだか見てるほうも恥ずかしい・・。
赤壁の話は 三国志の中でもクライマックスらしいですねえ。
そうですねえ、元気をもらえました。
みいな
2009/04/30 07:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッドクリフ Part II  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる