映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 天使と悪魔 ANGELS & DEMONS

<<   作成日時 : 2009/05/20 15:33   >>

トラックバック 0 / コメント 14

まだ原作読んでないんです。その代わりと言ってはナンですが 
「天使VS悪魔」というスペイン映画をレンタルして観ましたが 全くの別物でした。

●原作 ダン・ブラウン
●監督 ロン・ハワード
●出演 トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド 他
●データ2009年/アメリカ


ダ・ヴィンチ・コード」から3年も経ったんですねえ。 月日のたつのは早いものです。

私としては こちらのほうが断然面白かったですよ。


素晴らしい彫刻の数々や ローマの名所が見れて それだけでも楽しいです。 

キャスティングも 上手い!

原作を読まれた方の感想もお聞きしたいなあ。


ハンス・ジマーの音楽が 毎度のことながら大作にぴったりですね。


画像
                               ユアン・マクレガー
スコットランド出身 38歳。B型。 オビ=ワン・ケノービ役で有名になりました。「ムーラン・ルージュ」での
歌は見事でしたねえ。どんな役でもこなすし 彼の出演作にはハズレがないかも。


公式サイトは こちら


あんなに速く上れる?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
トム・ハンクス最近はこの手の映画に出演が多く成りましたよね。
本は読んで居ませんから感想も何も出来ませんが・・・。
公式サイトを見ると観たく成りますね。
ユアン・マクレガー書かれて無かったらムーラン・ルージュに出て居た人だと気付きませんね。
アオザイ
2009/05/20 18:00
先日、ダ・ヴィンチ・コードをテレビではじめてみました。
こちらは本で読んだだけでした。
これも先日本を買おうかどうか迷ったのですが・・・実のところ私的にダ・ヴィンチ・コードがいまいちだったので、買いませんでした。
・・・そうですか、面白いのですか。
みみずく
2009/05/20 19:25
ついに行って来られたんですね!!
私も、この映画だけはぜひ行きたいと思ってたんですが、ここのところのインフル騒ぎで、迷ってるんです〜(^_^;)
映画館って、狭い室内に、大勢が集まるわけだし〜・・大阪の高校生は、体育館で感染したとか言ってるしね〜・・
でも、感染しやすいのは、若者だけだから、心配ないかなと思ったり(*^m^*) ムフッ
本は、ダ・ヴィンチ・コードの時に一緒に読んじゃったので、細かな部分は忘れてますが、セルンが、実在する研究所だと、最近知りました。
天使と悪魔を辿る、バチカンツアーに、行ってみたいですね(^_-)-☆
うえどん
2009/05/21 01:40
<アオザイさん
「ダ・ヴィンチ・コード」は 原作を読んでいて
映画を観たら がっかりしてしまいました。
今回は予想以上に面白かったですよ。
ユアン・マクレガーは 最近では車のCMにも登場していたり
して日本でも大分有名になったのでは。
私が監督だったら使いたい役者さんだなあ。
みいな
2009/05/21 08:23
<みみずくさん
「ダ・ヴィンチ・コード」の本は 私は一気に読んで
しまいました。知らないことが沢山出ていて 読んだら
少し物知りになったような錯覚を覚えました。
本も「天使と悪魔」のほうが面白いという方のほうが
多いと聞きましたが どうなんでしょうね?
是非 原作を読みたいです。
みいな
2009/05/21 08:27
<うーちゃん
本当は土曜日に観る予定で 席の予約までしてたのよ。
珍しく風邪で撃沈して 丸2日寝込んでいました。
これ観た時は 映画館は空き空き状態で ばらばらと
座ってました。だから大丈夫だと思うのですが。
9時半からという早い時間だったしね。

実際に存在する研究所だったのね! 
ってことは ありえる話ってことね。
ヴァチカンツアー・・・わぁ〜行きたいよね。
みいな
2009/05/21 08:32
↑バチカンツアー行きた〜い(笑)
原作は文庫本で上・中・下巻なので、さすがにすっ飛ばし感は否めませんが、映画では、辻褄が合うように上手にカットしてあったと思います。
象徴学者が研究しているものが、いちいち実在で面白い!イルミナティの逆転文字なんて、誰が考えたんだろう!原作ダン・ブラウンのマジックにまんまとハマってしまいます。原作を読まないで楽しめる!…と言うのが、原作を読んでから見ている私には、今更理解できない感覚ですが…こんなに奥が深い作品をしっかり楽しませちゃう監督に拍手
『天使と悪魔』に出てくる用語って…インターネットで実在にヒットしちゃうから、恐ろしいよね…。
まだむ より
2009/05/21 10:58
日本ハム…ジャイアンツに連勝しましたよ〜。(笑)
楽天もまー君で勝ちましたね。
また明日からがんばりましょう。(^^)/
おいちゃん
2009/05/21 11:08
<まだむさん
原作を読んだ方のほうが楽しめるのかしら?
カットされた部分とかを見つけるのが楽しいかも。
ロン・ハワード監督の手腕と脚本家が良いってことでしょうね。
ダン・ブラウンって 凄いですね。
みいな
2009/05/21 14:47
<おいちゃん
さすがですねえ〜
明日から なんとかやっつけて欲しいものです。
元々巨人ファンだったんですが 楽天が出来てから
変わってしまいました。
みいな
2009/05/21 14:48
僕は原作を先に読みましたが、正直、映画の方は、少し物足りない感じがしてしまいました。もちろん、とても面白かったとは思うのですが、登場人物の掘り下げが、やはり尺の関係上、原作に比べると浅くって・・・こんなに思い切って、切り捨てちゃったのか〜!っていう感じです。
ぜひ、原作も読んでみてください。本当に面白いです。
hiro
2009/05/26 01:11
<hiroさん
そうですかあ〜。原作 やっぱし面白いのねえ。
近々買います。読むの楽しみです。
原作は長そうだからカットすると どうしても
切り捨てるところが出ちゃうんでしょうね。
長いものの映画化は やっぱり難しいみたい。
元々短いものを長くするほうが簡単みたいですね。

そうそう「ベンジャミン・バトン」を読みました。
原作はとても短いし フィッツジェラルドの得意な言い回しとか
表現とかが感じられず 映画のほうが数段良かったです。
映画を思い返して感嘆してました。ラストは納得しましたよ。 
みいな
2009/05/26 08:27
『ダ・ヴィンチ・コード』はある程度知識がないと楽しめない作品でしたが、この作品はそんなことはなく、とても楽しめる作品でしたね。

彼がヘリコプターに乗って飛んでいったシーンは、ほんとに感動してうるうるしてしまい、見事に騙されてしまいました。だから余計にラストのドンデン返しは衝撃的でした。
とろ♪
2009/06/05 18:19
<とろ♪ちゃん
ダ・ヴィンチ・コードの場合は原作を読んでからだったのですが
私としてはガッカリ度が大きかったです。
今回は 読んでなくて正解だったかも?
今 文庫の3冊目を読んでいます。
原作との違いが楽しいですよ!
みいな
2009/06/06 14:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
天使と悪魔 ANGELS & DEMONS  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる