映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 縞模様のパジャマの少年

<<   作成日時 : 2009/10/30 10:03   >>

トラックバック 0 / コメント 16

The Boy in the Striped Pyjamas (PG-12)

題名だけで 察しがついちゃう方もいるんだろうなあ。

●原作 ジョン・ボイン
●監督 マーク・ハーマン
●出演 エイサ・バターフィールド、ジャック・スキャンロン、ベラ・ファーミガ、デビッド・シューリス 他
●データ2008年/イギリス/95分

ひょっとして予告編 わざとやってなかったのかしら?

それともたまたま見なかったのかしら。  

察しの悪い私は 何の予備知識もないままでした。

例によってサイトは載せますが これからご覧になる方は パスしたほうが良いのでは?


このような秀作を観ると 自分の言葉の貧弱さに 情けなくなります。

終わった後に すんなり席を立てないほど 心にずっしりと重りをつけられたような感じがしました。

子役の二人の素晴らしさ!  

どうして(PG−12) なのだろう?

この映画こそ 年代も広く 沢山の人たちに見て欲しいと思うのですが。

普通の解釈と 違う解釈も出来そうな 奥深い映画でした。


今回は 俳優さんでなくて 音楽担当のこの方をご紹介
画像
                            ジェームズ・ホーナー
ロサンゼルス出身 56歳。 「タイタニック」でアカデミー歌曲賞を受賞しています。
「48時間」 「アポロ13」 「ジュマンジ」 「ディープ・インパクト」 「ビューティフル・マインド」 「トロイ」
・・・きりがないほど 沢山の大作を手掛けています。 素晴らしい才能を感じます。


公式サイトは こちら


あれを食べていれば・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな映画があったのね。
監督みて、「ブラス」も「リトルボイス」も
好きな作品です〜♪
観にいけるかな〜♪
花帆
2009/10/30 10:33
<花帆さん
上映していたら是非ご覧ください!
「ブラス」も「リトルボイス」も残念ながら
未見です。
私てきには この映画は今年のベストに入れたいです。
みいな
2009/10/30 10:37
私は戦争映画自体はあまり見ませんが、こういう映画は好むほうです。
ナチスドイツの犯罪を取り上げた映画って名作が多いですね。
なぜあのような戦争を、という反省が入っているからなのでしょうか。
toy
2009/10/30 12:49
縞模様と云えば刑務所などですがこの場面ですと収容所ですよね。
罪の無い一般市民をドイツ(ナチス)が収容し父親の派遣先での出来事が
描かれているのでしょうが罪が無い市民をと思うと・・・?
アオザイ
2009/10/30 16:58
何度かCMを見た覚えがあります・・映画案内番組だったかな?
純粋な子供たちの心を主人公にした戦争の悲劇の映画は、泣かされのがわかっていても、見たくなりますよね〜・・(T_T)
うえどん
2009/10/30 18:45
さてさて…とうとう今日から日本シリーズが始まりますね。
まずは、札幌ドームから。ダル君が投げられないので…不利ですが、応援がんばります。
何とか、また札幌ドームに戻ってきてほしいです。そうすると…勝算があるかもしれないです。
総合的に見ると…巨人の方が戦力は上ですものね。(苦笑)
おいちゃん
2009/10/31 10:20
ん〜・・・予告観ちゃったから、もう観にいけない。
こういうのずっしりと残っちゃうから私はパスしちゃうんです。
ナチスが出てくるのはどうしても駄目です。哀しさが勝って、何も良い事が残らなくなっちゃうんですよね。
だからミーハーな私は、明日マイケルです。好きじゃないくせに観る不思議。
さつき緑
2009/10/31 19:47
<toyさん
私もそうです。
ナチスドイツを扱った映画は 本当に
見応えのある映画ばかりですね。
この映画はイギリス映画ですが 
まるでドイツ映画のようですよ。
みいな
2009/10/31 20:43
<アオザイさん
縞模様のパジャマというだけで 連想されたのですね。
私は そのあたりの認識が薄いというか まだまだだなあと
思いました。
重い映画ですが 多くの人に見て欲しいです。
みいな
2009/11/01 13:54
<うーちゃん
勿論 泣けるだけじゃなく いろんなことを
考えさせられます。そこが名作だる所以ってとこかな。
みいな
2009/11/01 13:56
<おいちゃん
いよいよ始まりましたね。
昨夜は 残念でした。
さて今夜はどうなるでしょうか?
ダル君が出るとか出ないとか?
私も日ハムを応援してますよ。
みいな
2009/11/01 13:57
<さつき緑さん
私もこの予告篇見てたら 行くのをためらったかも?
でも観て本当に良かったと思っていますよ。
この秀作を観ないのは損だとさえ思っています。

マイケルの映画は 評判がすごく良いみたいですね。
時間が合えば見る予定ですよ。
みいな
2009/11/01 13:59
なんか予告編を見るだけでも
悲しい気持ちになってしまうね(><)
こういう映画の子役、やっぱり
選ばれているんだろぉな(@@)
なんでPG−12なんだろぉ?
aya もそぉ思っちゃいます!
ヤラシイ場面とかあるのかしらん?
それとか残酷な場面とか?
(12歳以下は見ちゃダメ!ってことだよね?)
aya
2009/11/03 08:27
<ayaさん
子役は みんな上手い!と断言できるほど
いまどきの子役ちゃんはすごいよね。
残酷なことが想像されるシーンがあるので
そのせいかも。みんなに観て欲しいんだけどね。
あのシーンはどうしても必要だしなあ。難しいね。
みいな
2009/11/04 13:57
ご覧になったのですね。
僕もこれほどの衝撃を受けた映画はありません。
でも、戦争に対するメッセージは、直接的な表現より、こういう映画の方がはるかに心に残るし、重いと思います。
僕も映画を見終わった後はしばらく放心してしまいました。
hiro
2009/11/09 06:55
<hiroさん
hiroさんも衝撃を受けられたのですね。
おっしゃるように 直接的な表現でない
こういう映画のほうが胸にグサっとくるのは
不思議ですね。
みいな
2009/11/09 09:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
縞模様のパジャマの少年  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる