映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 副王家の一族 I VICERE

<<   作成日時 : 2010/01/18 17:15   >>

トラックバック 0 / コメント 12

格調高そう


●監督 ロベルト・ファエンツァ
●出演 アレッサンドロ・プレッツィオージ、ランド・ブッツァンカ、クリスティーナ・カポトンディ 他
●データ2007年/イタリア・スペイン/126分


名門貴族の息子が物語の中心になって その一族の生きざまが描かれています。

父と息子の愛憎と確執が 半端じゃないのですが  少しのユーモアを交えていることで

重さが緩和されています。

父親の意見が絶対だった時代  結婚は勿論 全てにおいて父の言うなりなんて

今では考えられないほど封建的な生活だったんだなあ。

この父親の権力志向の強さはどこから来たのか?

途中 見ていて腹が立ったりしたのですが  こういう人は権力者に多いかもね。

時代設定は19世紀半ばですが まるで現代の心理劇を見ているような面白さでした。


画像
                          アレッサンドロ・プレッツィオージ
1973年4月 ナポリ生まれ。  イタリアのテレビドラマで大人気になったそうね。そりゃそうだろうなあ。


ご覧のように青い瞳が素敵なハンサムさんです。   そうなのよ 好みなんです。



公式サイトは こちら



「眠たくて ○○」 って 使ってみたい台詞だわ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
昔のヨーロッパ貴族は、王たる父は絶対権力者で逆らうなどあり得ない事だったらしいです。
ちょっと前に読んだ本「マーリン」にも王子アーサーが、納得できなくても父の王に従う場面が出てきます。

題名だけ見ると中国映画と思ってしまいました。
自分の知らない世界だけに、なかなか面白そうですね。
toy
2010/01/18 19:21
うんうん! みいなさん好みの顔だわ〜(*^m^*) ムフッ
どこの国でも、男性の絶対権力の時代はあるんですね〜・・
そういえば、母の頃も、結婚式の日に初めて、相手の顔を知ったなんてこともあったそうです・・祖母や母は、祖父や父が亡くなるまで、ずっと敬語使ってたしね〜・・それに比べて、今の兄達の父としての権力はどこへやら〜〜(≧m≦)ぷっ!
うえどん
2010/01/18 19:42
ヨーロッパの貴族の映画は良く権力争いの映画などが多く感じますよね。
しかしこの映画は服装なども現在風にされている様子で面白いかもね?
アオザイ
2010/01/19 17:07
<toyさん
「マーリン」ですかあ どんな本なのか興味が湧きます。
ヨーロッパの歴史関係の本って 読んだことあるかなあ?
是非 今度読んでみたいです。

私もも題名だけで 中国の話なのかと思いました。
登場人物がたくさん出てきて それぞれ個性的な人物で
見ているだけで面白かったですよ。
みいな
2010/01/19 18:39
<うーちゃん
昔は日本も家長には絶対服従でしたね。
あれほどでなくても 威厳は欲しいですねえ。

やっぱり 分かりましたか!私の好み。
この手のお顔には弱いのでした。
みいな
2010/01/19 18:41
<アオザイさん
さりげなく権力を求めるのじゃなくて
露骨に手段を選ばず突き進むのが すごいです。

凝った衣装を見てるだけでも楽しいです。
みいな
2010/01/19 18:44
格調高く、文学的な作品が続いてますね〜♪
つりばかを除けばね(笑)。
見ごたえありそうですね。
映画を観た〜!!!って感じですね♪
kaho
2010/01/19 20:31
<花帆さん
そうなんですよ、観たなあ〜っていう感じ。
でも 内容は結構くだけてますよ。
いつの時代も 人間の業は変わらないみたいですね。
みいな
2010/01/20 19:54
文学的な香りのする作品ですね。
私も、こういうきりりとした顔の黒髪の男の人って好きですね。30代後半から40代のアラン・ドロンとか

こういう時代に、権力志向なわからずやの父親を持ったら悲劇ですよね(~_~;)
キーブー
2010/01/20 22:15
<キーブーさん
アラン・ドロン! 彼の顔そのものが大好きでした。
私は金髪も好き。最近では もう丸かろうが四角だろうが
三角だろうが 好みが際限もなく広がってる感じです。

皆がそうじゃなかったでしょうが 悲劇はたくさん
起こってたでしょうね。
みいな
2010/01/21 09:14
みいなさ〜ん・・
ゴールデンスランバーの試写会が当たってたんだけど〜・・
今日の体調がイマイチで・・あきらめました・・・
今頃、開場が始って、席を探してる頃だったかも・・・
ちょっと悲しくて、みいなさんちで愚痴りたくなっちゃいました
うー
2010/01/22 18:10
<うーちゃん
わあ それは残念でしたねえ。
でも体のほうが大事だから しっかり養生してね。
きっと忙しくて疲れちゃったんだよね。
くれぐれもお大事にしてください。
みいな
2010/01/23 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
副王家の一族 I VICERE  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる