映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS かいじゅうたちのいるところWHERE THE WILD THINGS ARE

<<   作成日時 : 2010/01/26 09:59   >>

トラックバック 1 / コメント 14

予告編だけでも感動しちゃってました


●原作 モーリス・センダック
●監督 スパイク・ジョーンズ
●出演 マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ 他
●データ2009年/アメリカ/101分


なんともユーモラスな かいじゅう君たち  

それぞれに個性があって性格も形も違うんです。

かいじゅうの世界を通して 人間社会の 善と悪 友情 愛情 権力などのもろもろを描いています。

かいじゅうの世界では主演のマックス役のマックス・レコーズ君と かいじゅうしか出てきません。

だから この映画の成功はマックス君の演技にかかってるといっても過言ではないと思われます。

見事にその大役を果たしていて 素晴らしいなあ。

良い役者になってくださいね〜


上映時間の都合で吹き替え版を観ました。

良かったんだけど やっぱり字幕版が観たかったなあ。  


今回は マックス君の母親役のこの方
画像
                          キャサリン・キーナー
マイアミ出身 49歳。 「アダプテーション」 「カポーティ」 「イントゥ・ザ・ワイルド」 「路上のソリスト
そして先日観たばかりの「脳内ニューヨーク」などなど たくさんの映画に出演しています。まさに演技派。



公式サイトは こちら

ラストのほうで 自然と涙がぼろぼろ流れていました。



冷凍コーンは食べた?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『かいじゅうたちのいるところ』
絵本の最高傑作、奇跡の実写映画化! ...続きを見る
シネマのある生活〜とウダウダな日々
2010/02/06 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
絵本から出来た映画の様ですね。怪獣も可愛い顔をされて居ますよね。
子供心を取り入れ感動されるのでしょう。ひとりぽっちの子が怪獣と冒険をしながら遊ぶって事かな?素敵な作品かと思います。
アオザイ
2010/01/26 11:40
<アオザイさん
確かに原作は絵本のようですが 
この映画 子供向きじゃない気がしました。
物語は子供向きなようですが 描かれていることは
大人の世界そのものなので。
深い良い映画なので 是非ご覧になってください。
みいな
2010/01/26 21:55
ごらんになられたのですね♪
私は大好きです〜この映画♪

絵本では名前はついてないんですよ。
超シンプル〜♪
怪獣たちが、チャーミングでしたね。
花帆
2010/01/27 08:14
<花帆さん
花帆さん 随分期待されてましたよね。
とても深い映画になっていて 期待どおりで満足された
ことでしょう。
絵本には名前が無いんだあ。
かいじゅう君たち 皆それぞれ可愛かったですね!
名前覚えてないのですが 鳥君とやぎ君が好きです。
みいな
2010/01/27 09:28
これも最近CMで流れていました。
ネバー・エンディング・ストーリーを思い出してしまうような「かいじゅう」たちの顔。
擬人化された「かいじょう」ですか。
こういうのを見ると自分が恥ずかしくなったり、するんだろうなあ。
toy
2010/01/27 12:42
<toyさん
確かにネバー・エンディング・ストーリーの
あの系統の顔ですねえ。

私は 自分が恥ずかしくなるとこまではいかず
ただ こーいう人いるよな どまりでした。
みいな
2010/01/28 08:35
そうそう!どこかで見た事ある顔だな〜と思ってたら、ネバー・エンディング・ストーリーでしたね!!
HPの怪獣さんの目が、印象的ですね(*^m^*) ムフッ
うえどん
2010/01/29 02:00
僕は字幕版で見ましたが、ジェイムズ・ガンドルフィーニ(キャロル)やクリス・クーパー(ダグラス)も声優として良い味出していましたよ。特にKWの声をやったローレン・アンブローズが良かったです。
絵本の話だけど、僕も子ども向きの映画じゃないような気がしました
hiro
2010/01/29 02:46
<うーちゃん
そうですよね!
目がいろんな表情を表わしていて 感心しました。
どのキャラクターにも親しみを持ちました。 
みいな
2010/01/31 12:54
<hiroさん
良いなあ〜 字幕版を観られたのですね。
吹き替え版もKWの声は 感じが良く出てましたよ。
子供向きじゃないですよね。
みいな
2010/01/31 12:56
こんばんは、みいなさん。

確かに最後は切なくなりました。
でも途中はマックスが食べられそうになるんじゃないかとハラハラドキドキ。KWの口の中に入った時にはもうダメだ(><)と思ってしまいました。

ちなみに子供店長でなく、字幕版で観たので、そこは良かったかな(^^v
ケビン
2010/02/06 23:32
<ケビンさん
観てから時間がたったほうが じーんとくる映画って
あると思うんですよ。この映画がまさにそれでは?

字幕版だったんですねえ。いいなあ。
↑のコメントにも書きましたがKWの声優さんは
どなたかしら?上手いです。
みいな
2010/02/08 08:34
こんにちは、みいなさん。

KWの吹き替えは永作博美です。
最近はもう声優さんじゃなく、俳優、タレントばかりですね。
私は昔ながらの声優さんに吹き替えをして欲しい気がしますが、話題性やPRで宣伝効果を優先しているのでしょうね。
ケビン
2010/02/08 12:24
<ケビンさん
そうなんだあ。教えていただきありがとうございます。
永作博美さんね。
彼女は 演技が上手いと思ってましたが
声優としても才能があると再認識しました。
みいな
2010/02/08 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
かいじゅうたちのいるところWHERE THE WILD THINGS ARE  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる