映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (PG-12)

<<   作成日時 : 2010/04/03 10:19   >>

トラックバック 1 / コメント 18

ハート ロッカーって棺桶のことらしい

●監督 キャスリン・ビグロー
●出演 ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ 他
●データ2008年/アメリカ/131分


御存じのように本年度アカデミー賞で作品賞、監督賞はじめ6部門受賞したという話題作です。


イラク戦争での爆弾処理班の行動を まるで実況中継のような映像で見せてくれます。


アクション映画とは違う意味で心臓がバクバクするような緊張感を味わいました。

これは映画館でしか体感できないかも? 

最初に字幕で出てくる「戦争は●●である」 まさにこの言葉を表わした映画でした。

私が選んだとしても迷いなく「アバター」より こちらの作品にしたことでしょう。

是非 映画館で実感して欲しいなあ。

見終わったあと 不思議とさっぱりしていますよ。 重苦しいだろうという想像はハズレました。



画像
                           キャスリン・ビグロー監督
カルフォルニア州サンカルロス出身 58歳。「アバター」のジェームス・キャメロン監督の元妻ですね。
「K19」も彼女が監督してたのね。

私の勝手な想像ですが 彼女は男っぽいさっぱりした人なのかしら?

とても女性監督とは思えないような映画でした。


そうそう有名な俳優さんが3人出てきますが 1人がどこで出演してたのか気づきませんでした。

好きなのに・・情けない。       


公式サイトは こちら


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ハート・ロッカー』お薦め映画
骨太な作品で、センチメンタルな表現は一切ない。今まであまり知られていなかった爆発物処理班の仕事において、彼らがいかに危険で過酷な状況の中、使命感を持って仕事を遂行しているかを知ることができる。 ...続きを見る
心をこめて作曲します♪
2010/04/04 18:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に戦争は絶対にしない様にと思いますね。
この映画は女性の監督なのですね。少し優しさが出て来るかと思いましたがなんだか?
違っていましたね。ベトナムも本日(HBO)放送でザ・パフシック(英語で書きたかったですが出て来ませんでした)が有りますよ。
日本とアメリカの壮絶した戦いを描いた映画ですよね。
アオザイ
2010/04/03 11:58
これは、「アバター」と比べても、かなり低予算だったとか・・
アカデミー賞は、予算をかけずに戦争もので感動できるほうが受賞しやすいらしいですね
元妻の作戦勝ちですね(*^m^*) ムフッ
うえどん
2010/04/04 00:10
なるほど!
心臓(命)を仕舞って置く所ですか。

宇宙服のようなものを着た主人公の俳優にはめずらしく見覚えがあります。
若手俳優主体の映画だとか。
なにか実録に近いものを感じますね。
toy
2010/04/04 07:34
こんにちは、みいなさん。

私はどうしてもこういう映画って、アメリカ側の一方方向でしかみせていない戦争を描いていると思ってしまうのです。
ですからアカデミー賞も反米・反戦を訴えた「アバター」よりもこういう映画の方が好まれるのではないかと、ついつい偏見をもってしまいますね。

作品としては素晴らしいのでしょうね。私は多分観ないかも。
ケビン
2010/04/04 13:02
<アオザイさん
女性監督とは思えない男性的な描写でした。
すいません、ザ・パフシックは知らない映画です。
この映画は今までの戦争映画とはちょっと
趣が違っています。
みいな
2010/04/04 17:57
<うーちゃん
この映画も何気にお金は掛かってるでしょうが
アバターには比べられないでしょうね。

なんて言ったら良いだろうか?と考えてるのですが
この映画はとにかく監督の手腕が光ってる感じがしました。
上手いんですよ、いろいろと。ご覧になったら分かるんですけど。
みいな
2010/04/04 18:00
<toyさん
上手いこと言うなあと感心してます。

実録っぽい映像は緊張感を高めています。
まるでドキュメンタリーのようでした。
逃げ出したくなる恐怖を体感した感じです。
みいな
2010/04/04 18:02
<ケビンさん
この映画も決して戦争を美化したり
アメリカの行動を正当化してはいないと思うのですが・・。
そういうことはこの映画の主題ではない気がします。
だからアカデミー賞に選ばれたのは そういう視点ではなく
映画としての出来で選ばれたと 私は思っています。
いつか是非ご覧になってください。
みいな
2010/04/04 18:07
こんばんは
私もついつい色眼鏡でアメリカを見てしまいます

ランボーでもM:Iでも、西側は正義で東側は悪という図式から
物語が始まります
世の中、決してそんなことは無いのに、
アメリカは勝手に世界の警察になって、軍事産業を維持したいために
紛争地域に入り込んでは引っ掻きまわす
それを美化した映画が称賛される
現実には沖縄もその犠牲になっている・・・・
なんか、腑に落ちないような気がします

作り手側も見る側も、いろんな角度から見ることができるから
映画は面白いんですよね
あ〜、ひねくれ過ぎてるか私(爆)




RIN(ケビンさんに1票)
2010/04/04 20:59
ドキュメンタリー風だとか、
戦争を美化しているだとか、、、のコメントを
あちこちでみかけます。
ドキドキの連続だと、公開してすぐに観にいった我が家の娘が言ってました。
自分が観た訳ではないので、コメントはしませんが、
心臓マヒおこすといけないので、多分パスするでしょう。
kaho
2010/04/04 22:56
<RINさん
おっしゃるように今までの多くの戦争映画は
そういう図式のものが多かった気がします。

でも この映画はそういう種類の映画ではなく
視点が違うからこそ評価されたのだと思います。

是非 いずれこの映画をご覧ください。
そしてRINさんの見かたで感想を聞かせてほしいなあ。
みいな
2010/04/05 08:38
<kahoさん
戦争を美化しているとの評は私も読んだことが
ありますが そうかなあ?と私は疑問に思います。
もともと「美化しているのでは?」と最初から疑いの目で
見るならば、そう見えないこともないけれど。

↑の記事で●●と書いた部分を表現した映画だろうと
思います。それ書いちゃうとネタばれになるので書きませんが
あの文章を無視してあの映画を見ること自体おかしいと
思うのでした・・
みいな
2010/04/05 08:44
ハートロッカーって棺桶って意味だったんですねえ
戦争映画は学生時代に『地獄の黙示録』を観に行ったきりなんですよ^^;
これも評判が高いし気にはなっているんですが。さてどうしようかなあ。。。
キーブー
2010/04/05 20:33
<キーブーさん
そうなんですよ、私も知りませんでした。
上手いこと言いますよね。

この映画観るんなら映画館をお薦めします。
あの緊迫感は小さい画面だと ほとんど薄れてしまうと
想像しています。是非 映画館で!
キーブーさんと感性が似ている気がするので 
私としてはお薦めしますよ。
みいな
2010/04/06 08:53
この映画は観ないっと!
話は変わりますが、先日メディアテークでランチしましたよ。
ワンコインのパンランチ、あれってお得感ありますね〜!教えてくれて感謝ですわ。
さつき緑
2010/04/06 12:59
<さつき緑さん
そうですかあ残念ですが 緑さんの趣味とは
合わないような気もしてます。

ランチされましたかあ。
けっこう美味しかったでしょう〜
満足されたようで良かったです。
みいな
2010/04/06 21:53
この映画、実はノーマークだったのですが、オスカーをとったということで見に行きました。
確かに最初から最後まで緊張感の連続で、本当に映画としては「力」があって面白かったです。
僕も映画賞で最高賞を受賞するに値する作品ではあったと思います。
ただ、個人的にはオスカーはどうかなぁ・・・という感じです。ちょっとアカデミー賞の審査委員たちに偏見があるので・・・。^^;
hiro
2010/04/25 03:29
<hiroさん
私もノーマークでした。オスカーをとらなければ
見なかったかも。

審査委員は全部で何人くらいいるのかしら?
それさえも知りません。毎年 順当な結果だと
思っています。もっとも私は暗示とか評判とかに
すごく弱いので「秀作だ」と言われればそう思う傾向が
あるのでアテには出来ないですけれど。
みいな
2010/04/26 17:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハート・ロッカー THE HURT LOCKER (PG-12) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる