映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS パチャママの贈りもの

<<   作成日時 : 2010/04/08 16:29   >>

トラックバック 0 / コメント 6

El Regalo De La Pachamama


ほのぼのしそう〜


●監督 松下俊文
●出演 クリスチャン・ワイグア、ルイス・ママーニ、ファニー・モスケス 他
●データ2009年/日本・アメリカ・ボリビア/102分


春のせいなのか、次男も離れてしまい寂しくなったせいなのか 気持ちが沈みがちなこの頃。


この映画に元気をもらいました。 


あらすじを少しだけネットから拝借

南米ボリビアのウユニ塩湖。果てしなく続く塩の大地。

その堆積した塩を、黙々と切り取っている親子がいる。

少年コンドリは、貧しいながら心豊かな日々を送っている・・・・・・



見渡す限りの塩の湖って初めてみました。白くて綺麗。


そこで暮らす人々の原始的ともいえる生活は なんだか懐かしい。

父親に本当の男の優しさを見て 惚れ惚れしちゃいました。 




醤油のCMじゃないけど「幸せってなんだっけ?」と今さらながら思ったりしていました。

DVDでも良いから是非ともご覧ください。 

画像
                                松下俊文監督


この映画は7年もの歳月をかけ 自己資金で作られたそうです。すごい情熱ですね。



そうそうリャマがめちゃめちゃ可愛いのも見ものですよ。飼ってみたくなっちゃう。


公式サイトは こちら


情けは人の・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
自然の恵みの元に平凡に暮らす日々ですか。
時間がゆっくり流れているんでしょうね。
都会の暮らしに慣れた現代人が暮らすのには難しいでしょうが、どこかほのぼのとするのでしょうね。
toy
2010/04/08 19:02
こんな映画があったんですね〜
日本人の監督が、外国人のキャストでって言うのも、珍しいですね
塩湖は、何かのTV番組で見た事がありますが、見渡す限り塩の色だったのを覚えてます。
当然ですが、どこを舐めてもしょっぱいんでしょうね(^_^;)
次男さん、この春に独立されたんですね
てっきり、もっと前からご主人と二人でお住まいだとばかり思い込んでました
そっか〜・・ママは卒業なんですね〜
これからは、自分が楽しめる時間を増やして、元気になってくださいねp(´∇`)q
うえどん
2010/04/09 01:17
<toyさん
本来の人間の生き方を見せられているような気がしました。
文明は人を幸せにしたのだろうか?とか
思ったり。
顔のしわがきれいでした。
みいな
2010/04/09 09:20
<うーちゃん
あの塩使ってみたいものです。
ミネラルとか豊富そう。
料理が美味しくなりそうです。

そうなんですよ、前から二人暮らしではあったのですが
家にすぐに来れる距離だったのですが この春から
社会人になり東京に住んでいます。
覚悟はしていたけれど寂しいものです。
みいな
2010/04/09 09:24
手に汗握るサスペンスやアクションものもいいけれど、たまにはこういう作品もいいかも(*^_^*)

子どもの巣立ちはめでたいと同時に寂しいものですよね。
でもみいなさんにはご主人がおられるから。。。
私なんかはこぶたたちが嫁いで行けばいずれひとりになってしまうし。。。
キーブー
2010/04/13 14:07
<キーブーさん
こういう作品を観ると癒されます。
沢山の人たちに観て欲しいなあ。

こんなに寂しい気持ちになるとは
正直想像していなかったです。

キーブーさん まだ分かりませんよ!
素敵な出会いがないとは限りませんから。
みいな
2010/04/13 18:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
パチャママの贈りもの 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる