映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS しあわせの隠れ場所 THE BLIND SIDE

<<   作成日時 : 2010/04/26 09:53   >>

トラックバック 2 / コメント 12

サンドラ・ブロックがアカデミー主演女優賞を受賞した映画です。

●監督 ジョン・リー・ハンコック
●出演 サンドラ・ブロック、ティム・マッグロウ、クィントン・アーロン、キャシー・ベイツ 他
●データ2009年/アメリカ


私は全然知りませんでしたが 

パンフレットによると アメフトの一流選手として活躍中のマイケル・オアー

生い立ちを綴った本がベストセラーとなったそうです。

そこからこの映画が生まれたんだそう。

サンドラ・ブロック演じるリー・アンとその家族は

人種や貧富で人の評価をしないという なかなか出来ないことを実践しています。


極悪人になっても少しも不思議じゃない境遇で育ちながらも

悪の道に走ることがなかったマイケル・オアーご本人の話を聞いてみたくなりました。



もしもお金が沢山あったなら 

高価なダイヤモンドを買うより こういう素晴らしい人を見つけそして援助するほうが

ずっと誇らしいことではないかしら?




笑えるところでしっかり声を出して笑ってくれた おばちゃん3人組の会話・・・

「良い映画だったねえ。 あのお母さん最高だわ! 女優さんは何ていったっけ?」

しばし間があって 「サンドラ・ブロックよ。」


思わず「アカデミー賞もらったんですよ!」と声をかけたくなりました。


画像
                            サンドラ・ブロック
バージニア州アーリントン出身 45歳。 ご存じ「スピード」で有名に。
この映画の主演女優賞とゴールデンラズベリー賞(最悪女優賞)を同時受賞して話題になりました。
その受賞作「ウルトラ I LOVE YOU!」も観たいな。


公式サイトは こちら



沈黙は・・・
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『しあわせの隠れ場所』
こんな時代に、何の共通点がなくても、人と人は繋がりあえる。 ひとりぼっちの黒人少年と、ある家族の心の絆を描く感動の実話! ...続きを見る
シネマのある生活〜とウダウダな日々
2010/04/28 00:59
「しあわせの隠れ場所」を観た感想
★★★夫婦の善意に嘘はなく、とても好感が持てる物語だよ。でも、それだけで、起伏のないストーリーだ。素晴らしい実話で、見習うべきところは多い。きっとみんなにそういう想いを与えたことが尊いことなんだろうな。 ...続きを見る
映画初日鑑賞妻
2010/05/02 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
サンドラ・ブロックはあまり好みではないけど
これは観たいと思っていました。
実話ですよね。
彼女を始めてみたのが
「愛と呼ばれるもの」 R・フェニックスの晩年の作品でした。
スピードは斬新で面白かった〜♪
きっと、今観るとどうってことないでしょうね^^;
横道それました^^;

でした
花帆
2010/04/26 17:54
<花帆さん
実は私もあまり好みじゃないです。
でもこの役は 彼女のために用意されたみたいに
ぴったりでした。

「愛と呼ばれるもの」レンタルリストに入れておきますね。
アクション映画は時を経ると色あせてしまうのが
寂しいことですね。
みいな
2010/04/26 18:22
テレビCMで見たような気がします。
題名からは、想像がつかない映画ですね。
アメラグ自体あまり知らないので、この人の事は知りませんでした。
こういうものって、美化してしまいがちなので、現実はどうだったのか本人自身の話を聞いてみたいと私も思いました。
toy
2010/04/26 18:37
本当のお金持ちって、欲しいものは何でも持ってるから欲がなくなって、こ〜ゆ〜使い方に目覚めるものだと聞いた事があります
どこやらの政治家みたいに、自分の出世欲のためにばら撒く人と大違いですね(^_^;)
うえどん
2010/04/27 00:24
<toyさん
CMやってましたかあ。こちらでは見かけませんでした。
アメリカでは有名人らしいですね。
私はルールさえまともに知りません。

そうですねえ、美化しがちだと思います。
でもエピソードとかは本当にあったことだろうと
想像できるので それだけでも素晴らしいことだと
思います。
実は一番疑問だったのは あれだけの体型を維持するための
食べ物をどうやって工面したかということ。
たぶん言葉に出来ないほどの苦労があったことでしょう。
その部分はわざと細かく描写しなかったのでは?と想像して
います。観てる人に想像させることで 余計に感動を
与えているようです。
みいな
2010/04/27 08:33
<うーちゃん
そうなんだあ。でも宝石や車など自分の持ち物を
沢山増やすお金持ちのほうが多いのでは?

お金は使い方でその人の生き方まで分かっちゃうよね。
もしもあったなら こんな風に使いたいもんだね。
今の政治って権力=金になっているようで
本当に嘆かわしいです。
みいな
2010/04/27 08:42
サンドラ・ブロック、スピードでファンになりました(*^_^*)
元気でキュートな感じで、気取りがなくていいですよね♪

たくさんのお金があったって、食べられる量は知れてるし服だっていっぺんに着られないんだし、ね。
・・・とは言っても、自分がお金持ちになったら案外アホな使い方をしてたりして(~_~;)
キーブー
2010/04/27 22:28
こんばんは、みいなさん。

実は私もあまり好みな女優ではありません。
ちょっと男っぽいイメージがあるのですが、なぜか恋愛ものが多いですよね〜!

でもこの映画、かなりはまり役だと思いました。
オスカーも納得です。
内容は確かに出来すぎ感はありますが、これが実話なので逆にこういうこともあるんだなぁ〜と想うとジ〜ンときますね。
ケビン
2010/04/28 01:08
<キーブーさん
そうですかあ、スピードのあの役も
はまってましたね。

私も偉そうなこと言ってるけど 
いざお金持ちになったらそうかもね。

そうそう私のお金持ちのイメージは 
自家用ジェット機を所有してることかな。
みいな
2010/04/28 09:14
<ケビンさん
そうですね、なぜか彼女は恋愛ものに沢山でてますよね。

本当に彼女ははまり役でした。
これが実話でなかったら 単なる夢物語に
なってたでしょうねえ。
みいな
2010/04/28 09:17
「愛と呼ばれるもの」は
リバーをお目当てで観たので、、、
客観的に観たら、楽しめるかどうか、責任持てませんので(笑)。
ナッシュビルが舞台で
カトリー&ウエスタンが好きですので
私は楽しめましたけど。
花帆
2010/04/29 00:28
<花帆さん
なかなか楽しそうな映画ですね。
是非レンタルしたいと思います。
リバー・フェニックスの映画って「スタンドバイミー」しか
見たことないのです。楽しみだなあ。
みいな
2010/04/29 15:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
しあわせの隠れ場所 THE BLIND SIDE  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる