映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS グリーン・ゾーン GREEN ZONE

<<   作成日時 : 2010/05/26 10:00   >>

トラックバック 2 / コメント 10

もっと早くみたかったんだけど今頃になっちゃいました。

●原作 ラジャフ・チャンドラセカラン『グリーン・ゾーン』
●監督 ポール・グリーングラス
●出演 マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン 他
●データ2010年/フランス・アメリカ・スペイン・イギリス/115分

合作だったのね。

そもそも「グリーン・ゾーン」とは、

かつて連合国暫定当局があったバグダード市内10km²にわたる安全地帯のことらしい。


全編に渡って緊張感が持続しているので 精神的に疲れるかも。

あっという間の2時間でした。

「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督なので

ものすごく期待していて、待ったことも重なって 少し期待過剰気味だったのかもしれません。

娯楽性が強い映画だと勝手に想像しちゃってました。



大量破壊兵器は、本当に存在したのか? という戦争の大義に関わる重要な題材を扱っているから

仕方がないのでしょうが、いわゆる遊びの部分が全くないので 

見終わって何ともいえない重たい気持ちになってしまいました。


改めてイラク戦争は誰のための戦争だったのか?と 憤りを感じました。



画像
                             グレッグ・キニア
インディアナ州ローガンズポート生まれ、46歳。
「恋愛小説家」 「ユー・ガット・メール」 「リトル・ミス・サンシャイン」 など多数出演しています。

彼だと分からないくらい変身していました。 顔がほっそりしていて、相当痩せたのでは? 

こんな役も出来るとは 意外でした。


ジョン・パルエルの音楽が ぴったりマッチしていました。


公式サイトは こちら



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「グリーン・ゾーン」見つからない、大量破壊兵器が見つからない
「グリーン・ゾーン」★★★★ マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン出演 ポール・グリーングラス監督、114分、2010年5月14日公開、2009,アメリカ,東宝東和 (原題:GREEN ZONE ) ...続きを見る
soramove
2010/05/31 07:24
『グリーン・ゾーン』お薦め映画
周知の事実でも描き方次第。情報が錯綜するサスペンス的要素と、終盤のアクションに緊迫感、臨場感があり、なかなか見応えのある作品であった。主人公と同じ目線で真実に近づいていく気分が味わえる。 ...続きを見る
名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
2010/06/09 18:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
以前インド映画を見に行ったとき
やはり娯楽性の強い映画だと思い込んで行ったら
宗教紛争の映画でビックリしたことがあります。
それはそれでとてもよく出来た映画だったので
結果的にOK牧場でしたが。

変身していたと言えば
マルフォイ・・・どうして・・・↓
http://hamusoku.com/archives/3200253.html
のんちゃん
2010/05/26 16:11
これは、どこかのサイトで散々こきおろされてるのを見たのですが・・みいなさんと同じように、娯楽を期待した人たちの感想だったのかもしれませんね(^_^;)
う〜ん・・なんで 今 この映画を公開したのか・・何か意味がありそうですね
うえどん
2010/05/27 01:54
<のんちゃん
予告編を見て 娯楽的な映画かなあと
想像してしまいました。上映するほうは
そのほうがお客さんが入ると見込んだのでは?と
思ってしまいました。

マカフォイ・・サイト見てビックリしました。
どうしたんでしょうね!?
なんか寂しいです。薬とか嫌なことを想像しちゃいます。
みいな
2010/05/27 08:34
<うーちゃん
この映画に対するアメリカでの批評家の意見は二つに
分かれているとウィキペディアに載ってましたよ。
反米、反戦なので そのことを肯定する人と否定する人が
いるらしいです。
でも、うーちゃんが読んだのは私のように予告編を見て
誤解しちゃったクチかなあ?

何故、今なのか・・。私も観終わってそれが
とても気になっています。
ただこの映画は あの疑惑が起きた頃だったら
きっと公開されなかったでしょうね。
みいな
2010/05/27 08:43
内容はともかくとして、陰謀と戦う追い詰められた男というのは、マット・デイモンのイメージになりつつありますね。
イラク戦争の舞台裏の映画だったのですね。
「フセインの不幸は、足元に石油があったからだ」とまで言われた戦争でした・・・いや、今でも引きずっていますけれど。
toy
2010/05/27 09:18
これは重い内容だと想像してました。
観たい作品のひとつです。

マルフォイは最近のハリポタで、
そんな兆候ありましたね〜(笑)
kaho
2010/05/27 09:28
<toyさん
マット・デイモンとくればジェイソン・ボーンの
イメージが定着してますねえ。
石油のための戦争と影で言われていましたが
そのことを思い出していました。
みいな
2010/05/27 16:21
<kahoさん
そうでしたかあ、私はてっきり娯楽作品だと
ばかり思ってました。

ハリポタでイメージが変わったなあとは
思っていましたがここまでとは・・。
みいな
2010/05/27 16:22
これはマット・デイモンだし、観に行くつもりでいますが、なかなか時間が取れなくて
戦争系は苦手なんですけどね(~_~;)
キーブー
2010/05/28 20:33
<キーブーさん
マット・デイモンのファンですかあ?
彼はこういう役にぴったりですねえ。
真実を求める姿勢に胸を打たれましたよ。
ファンなら是非!
みいな
2010/05/28 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
グリーン・ゾーン GREEN ZONE  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる