映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 告白 (R-15)

<<   作成日時 : 2010/06/25 13:56   >>

トラックバック 0 / コメント 12

迷ってたけど、友人の薦めがあったので


●原作 湊かなえ
●監督 中島哲也
●出演 松たか子、岡田将生、木村佳乃 他
●データ2010年/日本/101分


原作を読んだ時に、主人公の女性教師の役に松たか子さんはイメージにありませんでした。

清楚で優しい雰囲気の女優さんなので合わないんじゃないの?と思っていました。


ところが、見事に役にはまっていました。

目が超怖いです。



救いようのない話ですが 脚本の巧みさや出演者達の好演で

見ごたえのある映画に仕上がっていると思います。


画像
                                  松 たか子
東京都生まれ 33歳。 父はご存じ松本幸四郎、兄は市川染五郎、姉も女優さんという芸能一家。
歌もお上手だし、器用な女優さんですねえ。
 

それにしても、いまどきの中学生って こんな風なのかな?と 少し心配になりました。 

とてもついていけないなあ。


公式サイトは こちら


「・・・ね。」って付けるだけで ニュアンスが変ってしまうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
今時の子供さんって、理解できない時がありますよね〜・・つい最近も、遊びのつもりで友達を溺れさせたって事件もあったし・・・
この映画は、そのうちテレビ放映されるでしょうという事で・・(^_^;)
うえどん
2010/06/25 14:53
「どっかーん!」とCMで流れているあれですね。
何となく棒読みのセリフが逆に凄みになっている気がします。
公式ページ重くてテレビCM以上の事は分かりませんでした。

話は少し変りますが、今の子供って和式トイレを利用できないらしいですね。
洋式トイレばかりに列が出来るらしいです。
何だか妙な世の中ですね。
toy
2010/06/25 16:10
評判がよいようですね。
岡田君も出てるし、、、、。

松さん、苦手な女優さんの1人です^^;
広末ほどではないけどね(笑)。
花帆
2010/06/25 17:57
これを本で読んだ人が「もう、なんなのよ〜!」っていう話で、非常に腹が立ったと言ってました。なので、見ないことにしています(笑)
岡田君と言えば、アヒルと鴨・・・にも出ていたんですよ!びっくり。
岡田君は北川景子と共演ですよね?何だっけ?瞬きだっけ?
岡田君(お!三連発)ですが、最近の顔あまり好きじゃないです、私。
さつき緑
2010/06/25 22:29
これ、映画館のCMで何回か観ましたが。
なんとも不思議な雰囲気ですよね。
重いテーマのわりに、CMに出てくる中学生たちは楽しそうだったりかったるそうだったり、ごく普通の子どもだちで。
松たか子は正直あんまり好きではないし、この作品はパスかなあ。
キーブー
2010/06/26 13:48
<うーちゃん
どうだろう? すぐにはテレビで放送されないかも?
物議をかもし出してしまうかも・・。
過激な内容でもあるし 青少年にはふさわしくないとか
言われちゃいそうですが どうかなあ。
みいな
2010/06/29 09:09
<toyさん
台詞の抑揚もあまりないのもそうですが
目を動かさないことも怖い原因かもね。

子供の頃から洋式だと和式はどうしたら良いのか
分からないのかも?使ったことがないでしょうから。
みいな
2010/06/29 09:14
<花帆さん
岡田君は、イメージがちょい違うかもよ。
こう言ってはナンですが、あの役は誰でも良かったかも?
お顔が綺麗だから 暗い物語の緩和剤として使われたのかもね。
みいな
2010/06/29 09:15
<さつき緑さん
へぇ〜 そうですかあ。
私は原作を より映画っぽく変えていて
上手く映像化したと思いましたが・・。
感じ方は、人それぞれですねえ。

そうそう、この映画の岡田君もどうもねえ〜。
綺麗なお顔にあの髪形は似合ってないのでは?と
思います。前のほうが良かったよね!
みいな
2010/06/29 09:18
<キーブーさん
CMで使われてる映像は、ほんの少しの明るいシーン
みたいですよ。私も想像していたのと雰囲気違ってました。

松たか子さん、お好きじゃないのねえ。
彼女は女性よりも男性に好かれるタイプかもね。
私はというと まさに普通です。
みいな
2010/06/29 09:22
わりと早くに見ました。怖かったです。
殺人の動機が救われないですね…
子どもたちの犯罪って、大きい小さいにかかわらず、
リーダー的存在の子に引っ張られてしまう傾向があるのかしら…

でも、子どもに限らず、大人の社会だって、似たり寄ったりなのかしらん。

話は変わりますが…お父様の松本幸四郎様、ラマンチャの男の頃なんか、しびれたものですが(あの目に)。目はお兄ちゃまが似たようですが、天才ぶりは、妹が貰ったようですわね。
全く、なんでもしゃらっとこなして、松たか子さんはたいしたものです。
まだむ
2010/06/30 00:13
<まだむさん
中学生の頃って 一番難しい年齢なんでしょうね。
他から見ると それほど深刻な理由でもない理由で
こういう凶行に走ってしまう怖さがあります。
自分の周りの狭い世界じゃなく 大きな目で見ることが
出来たなら気持ちの持ちようが随分変わるのにと思いますが
あの頃の子供たちにはその余裕がないんでしょうね。

松本幸四郎さんも染五郎さんも目が素敵ですね。
そうそう、彼女は努力というものを感じさせないです。
みいな
2010/06/30 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
告白 (R-15) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる