映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ボーダー RIGHTEOUS KILL (PG-12)

<<   作成日時 : 2010/07/07 10:31   >>

トラックバック 0 / コメント 14

ロバート・デ・ニーロアル・パチーノの共演ってことだけで見逃せないよね。


●監督 ジョン・アヴネット
●出演 ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、カーティス・ジャクソン、カーラ・グギーノ 他
●データ2007年/アメリカ/101分

上手いんだね、これが!

やっぱり二人は名優ですねえ。

二人の共演を見ているだけで楽しかったです。

内容は、楽しいとは言えない重い課題を突きつけられるけどね。


原題「RIGHTEOUS KILL」・・・ 正しい殺しとでも訳せるのかしら。

証拠不十分あるいは証拠がないことで 悪事を暴けず、無罪放免になった悪人達。

その悪人を抹殺することで その後起こりうる多くの不幸を防げるという現実があるとしたら?

傍観者でいたなら どんな悪人でも更生させるべきだということが言えるかも

しれないけれど、自分が被害者だと想像すると 俄然難しくなります。



あなたは、「必殺仕事人」が存在していて、

悪い奴を抹殺して欲しいと思ったことはないですか?

正直 私は何度もあります・・・


公式サイトは こちら


画像
                              カーラ・グギーノ
フロリダ州生まれ。38歳。どこかで見たと思っていたら けっこう見てました。
「スパイキッズ」 「シン・シティ」 「ナイトミュージアム」 「アメリカン・ギャングスター」 「ウォッチメン」など
活躍中です。 役によって顔を変える演技派の女優さん。

二人の名優にも臆することなく、存在感がばっちりでした。 


やっぱり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ!!
夢の競演、って感じですね
読んでて、必殺仕事人を思い出してたら、やっぱりそんな感じだったんだ?(笑)

悪人と言ってもいろいろだろうし、その人にも家族はいて、家族にとってはかけがえのない人だったりするんでしょうしね。
むつかしいですよね、悪人の線引きが。。。
キーブー
2010/07/07 17:00
めずらしく予告編がないサイトでした。
なるほど「ゴット・ファーザー2」以来の共演ですか。
ボーダーはボーダーラインの事かしら?
殺人の線引きをどこにするか。
偏見も無しに判断を下せるのかが問題ですね。

普段の生活の中で、こちらは相手が悪党と思っても、もしかしたら相手からはこちらが悪党に見えているのかも知れない・・・。
と思うような事がけっこうあったりします。
toy
2010/07/07 18:54
もちろん! 必殺仕事人にお願いして、抹殺して欲しい人が、数えきれなくて・・o(*^▽^*)oあはっ♪
取りあえず、あの政治家達と、いくつかの事件の犯人と・・え〜と・・あいつと・・そうそう!別れた旦那も・・あ、それは、向こうも同じこと考えてるかも(≧m≦)ぷっ!

やはり、名優の共演は、面白そうですね〜
DVDが出たら、忘れずに見なくっちゃ!!
うえどん
2010/07/08 02:47
「ヒート」以来の共演でしょうか〜♪
見ごたえありましたか〜?

デ・ニーロ、30代〜50代ころ
とってもはまりました。
同じ作品を何回観たことでしょう(笑)。
デニーロアプローチなんて言葉は
もう死語かもしれませんね。

多分DVDでしょうか、、、私。
しばらく劇場へ行けませんわ。
花帆
2010/07/08 13:35
<キーブーさん
見てしばらく経って これを書いていたら「必殺仕事人」が
頭に浮かびました。

よく考えられた邦題だと思います。
確かに悪人かそうじゃないかの線引きは
難しいですねえ。
みいな
2010/07/08 13:58
<toyさん
ん〜、コメントが難しいです。
邦題を一時忘れてみてください。
映画を見たら また納得するはず・・。
是非 いずれご覧くださいませ。
みいな
2010/07/08 14:03
<うーちゃん
私は、あの国のあの人とか あの政治家とか・・
いなくなったら 少しは世の中がすっきりしそうとか
思っちゃうよ。

是非 チェックしておいてね。
みいな
2010/07/08 14:07
<花帆さん
見応えありましたよ。
さすがの貫禄でした。

「デニーロアプローチ」って? 
彼は 近年優しい顔になってきたような気がします。
お忙しいようですね。DVDでゆっくりご覧ください。
みいな
2010/07/08 14:10
カーラ・グギーノはスパイキッズのお母さん役でしたね。
あれは3部作とも見たので覚えています。
お父さんはアントニオ・バンデラスだったし(*´Д`*)
公式ページのもう一つの映画の方に出てるんですね。
ストーリーに興味があるのはボーダーですけど
アントニオ・バンデラスの映画も見たいなぁ。
のんちゃん
2010/07/08 20:49
<のんちゃん
「スパイキッズ」は私は2部までかなあ?記憶が曖昧です。
3部は見てないような。

のんちゃんは、アントニオ・バンデラスがお好きなのね。
「ザ・エッグ」のほうも勿論観ますよ。そちらも楽しみ〜。
みいな
2010/07/09 09:33
必殺仕事人に抹殺してほしい人間のリストに入れないでね〜!私のこと。
さつき緑
2010/07/09 14:33
<さつき緑さん
ハハ・・そんなことあるわけないじゃないですかあ。
私こそ 沢山の人にいなくなって欲しいとか思われていたりして・・。
自分じゃあ分からないものね。・・と考えると怖いですね。
みいな
2010/07/09 14:42
デ・ニーロアプローチ
彼の役に取り組み方をそうのように
評されていました。
レイジングブルでは30Kでしたっけ?体重増やしたり、
アルカポネでは毛を抜いたり、、、、
トム・クルーズや当時の若手の俳優たちに
尊敬の念をもって言われていたと、記憶しています。
表現がうまくなくてごめんなさい。
花帆
2010/07/09 22:37
<花帆さん
いえいえ、丁寧に教えて頂き ありがとうございます。
体重を増やした話は 聞いたことがあります。
デ・ニーロは 役にとことんハマる人なのねえ。
トム・クルーズは、何をやってもトム・クルーズって
感じがしちゃいますね。これ悪い意味じゃないです。
そういう俳優さんは他にもいますし、本人のせいではないと
思っています。
みいな
2010/07/10 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボーダー RIGHTEOUS KILL (PG-12) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる