映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS パンドラム PANDORUM (PG-12)

<<   作成日時 : 2010/11/15 08:31   >>

トラックバック 0 / コメント 6

SFだから

●監督 クリスティアン・アルヴァルト
●出演 デニス・クエイド、ベン・フォスター、カム・ジガンデイ 他
●データ2009年/アメリカ・ドイツ/107分


西暦2174年、地球は滅亡を迎えようとしていた。

そんな中、ある惑星へ移住するため、6万人の人類が宇宙船エリジウムで出発。

やがて、二人の飛行士が冷凍睡眠から目覚めるが、二人は記憶を失ってしまっていた・・・



前半は、緊張の連続。

真っ暗な宇宙船の中を 何物かを恐れながら移動するシーンが

怖いったらありゃしない。 

後ろが怖いよ〜  わっ!と出てきそう。


この緊張感を終わりまでひっぱって欲しかったなあ。


画像
                              デニス・クエイド
ヒューストン生まれ、54歳。 ミュージシャンでもあり、パイロットの資格も持ってるらしい。
御存じのように出演映画は多数。    記憶に新しいところでは、「デイ・アフター・トゥモロー」 
バンテージ・ポイント」 「G.I.ジョー」 あたりかな。


う〜ん、どうなんだあ、この役には合ってるのかなあ?


公式サイトは こちら



フェアじゃん!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初期のエイリアンを思い出す冒頭ですね。
SFは好きですし、なかなか見応えがありそうです。

ほほう、この人の名前(デニス・クエイド)聞き覚えがあると以前から思っていたのですが「インナースペース」にも出ていたんですね。
「G.I.ジョー」も先日DVDで見ましたよ。
ん?・・・SFに出演が多いですね。
toy
2010/11/15 20:10
<toyさん
「エイリアン」は、怖そうなので 未だ見ていません。
今なら怖くないかも?いずれレンタルしてみます。

調べたら膨大な数に映画に出演されていました。
最近は、SFが多いかもね。
みいな
2010/11/15 21:59
デニス・クエイドって
沢山の作品に出てますけど
「インナースペース」と
タムリン・トミタと共演した「愛と、、、の旅路」
(第2次大戦のアメリカの日系人捕虜収容所のお話)
が印象に残ってます。
ふけちゃったんじゃないかな〜?

SF好きだけど、暗闇が続くのが怖いかな〜ぁ
花帆
2010/11/16 21:47
<花帆さん
デニス・クエイドは、印象に残るお顔ですが
私の場合、どうも どこか物足りないものを
感じちゃいます。
この年代の女優さんは皆さん若いからなあ、
それと比べると どうしても老けて見えるかも。

暗闇は、ほんと怖いです。出てくるぞと
分かっていても 出てくるとびっくりしちゃいます。
みいな
2010/11/17 09:10
こういうの、興味あります。
見てみたいけど・・・あの真っ暗な宇宙空間で、しかも遠く地球から離れた状態
ハッピーエンドでないと一日暗い気分になってしまいそう。
子どもの頃、アトムのマンガを読んだとき、ラストで悪い人たちが宇宙で置き去りになって泣き叫ぶというシーンに凄いショックを受けて、いまだにトラウマになってるんですよね(笑)
キーブー
2010/11/17 17:27
<キーブーさん
なにせ「パンドラム」という題名ですから、そこから
考えて頂けると・・・。

アトムでそういう話があったあんだあ。
悪人にとっての究極の罰ですねえ。
そういう罰が現実に欲しいくらい、極悪なことが
多いような気がします。
みいな
2010/11/18 08:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
パンドラム PANDORUM (PG-12) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる