映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS デザートフラワー DESERT FLOWER (PG-12)

<<   作成日時 : 2011/03/04 09:25   >>

トラックバック 0 / コメント 6

これも観たかったんです。


●原作 ワリス・ディリー
●監督 シェリー・ホーマン
●出演 リヤ・ケベデ、サリー・ホーキンス 他
●データ2009年/ドイツ・オーストリア・フランス/127分

ソマリアの貧しい少女の「シンデレラストーリー」だとばかり想像していました。

そう単純じゃあ無かったんですね。

幼児の頃の残酷な経験が、人生の転機になったと彼女が語ってましたが、

痛ましくて見ていられないほどでした。

その描写が肝心なんだろうけど、気持ちが暗くなってしまいました。


公式サイトは こちら


この映画のモデルになった女性です。
画像
                               ワリス・ディリー
1965年生まれ。 ファッションモデルというだけでなく「007 リビング デイライツ」にも出演されていたのね。
作家でもあるそうで、 多才な女性なんですね。

この写真をご覧になってもお分かりのように、主演のリヤ・ケベデとよく似てますね。


生意気なことを言わせてもらえば、少し音楽が主張し過ぎなのではと思いました。

ヒーローものやホラー、ファンタジー、SFとかと違って こういう映画の場合

音楽は記憶に残らないほど自然なものが好きです。 



彼、気の毒だなあ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、シンデラサクセスシトーリーかとばかり思ってましたら、重い、辛いテーマでしたね。でも今でもこういうことが行われているということを知ることもできましたし、外見は華やかなモデルさんだけど、思いの背景が違いますね。21世はアフリカの時代だと言われてますけど、まだまだ政治の力で解決していかなければならないことが山積みですね。
kaho
2011/03/04 11:22
逆境をバネにして成功を収めるのは、そう簡単に出来るものじゃないですね。
苦労しただけに努力も人一倍したのでしょうが、そのバイタリティに敬意です。

デザート・フラワーってどういう意味なのだろうと考えているところです。
toy
2011/03/04 12:42
<kahoさん
音楽に合わせて自信たっぷりに歩く姿を
見ていると、それぞれの過去とかには
思い至りません。
モデルさんも肉体労働だと聞いたことがありますが
大変な仕事のようです。
悪しき風習を早くなくさなくてはと思いました。
みいな
2011/03/04 16:34
<toyさん
確かに持って生まれた運というものもあるでしょうが、
努力なくしては 成功はないんでしょうね。

まんまですが、映画をご覧になるともっと分かるようですよ。
みいな
2011/03/04 16:37
 予告編だけ見ると、確かにサクセスストーリーに見えますね。
悪いものほど息が長く根付いてしまいますので、それを根絶するのは、なかなか難しいでしょうね。
 でもね勇気を持って立ち向かわないと、何も変わらないです。ワリス・ディリーさんのプロフィールから、そんな強さを少し垣間見ました。
isa
2011/03/05 09:18
<isaさん
勇気を持って立ち向かう姿勢は 確かに素晴らしいと
頭では分かるのですが、元気をもらおうと思って観た
映画だったので アテが外れてしまった気分でした。
厳しい現実を考えさせられました。
私としては もう少しその強さを描いたなら
希望がもっともてる映画になったような気がします。
みいな
2011/03/05 17:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
デザートフラワー DESERT FLOWER (PG-12) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる