映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤコブへの手紙 POSTIA PAPPI JAAKOBILLE

<<   作成日時 : 2011/03/05 21:48   >>

トラックバック 0 / コメント 6

こういう地味な題名の映画って秀作が多いよね

●監督 クラウス・ハロ
●出演 カーリナ・ハザード、ヘイッキ・ノウシアイネン 他
●データ2009年/フィンランド/75分


予感が大当たり!

この素晴らしい映画に巡り合えたことを感謝したいです。

台詞を最小限にして 例えば嬉しい時 嬉しいという言葉を出さずに

役者の表情だけで表現させる。 余計な言葉が一切ない会話。

登場人物は少なく、だからこそ 演技力が問われていますが

見事に演じています。 凄いとしか言いようがありません。


私が映画監督を目指していたとしたら この監督に教えを乞いたい思っただろうなあ。

最初っから釘付けになってしまいました。


画像
                             クラウス・ハロ 監督
1971年ポルヴォー生まれ。  数々の賞を受賞されているんですって。

私は全く知りませんでしが、この映画ですっかり魅了されてしまいました。


映画を愛する方、必見です。


公式サイトは こちら



そうそう音楽が自然で これまた素晴らしいです。

ピアノ曲が心に沁みるほど美しく、かといって出しゃばらず、こういう映画音楽が好きです。



・・・いくら誉めても誉め足りないなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 う〜ん、これもいい話ですね。
みいなさん、こういう秀作をよく見つけられますね。頭が下がります。
これも見逃さないように、メモっときます(^_^;)

 郵便屋さん役の俳優さんが、なかなか味があっていいです。
isa
2011/03/06 13:01
<isaさん
完成度が非常に高くって、今年のトップ1が決まってしまったと
思っています。
確かに 郵便屋さんの彼も良い味を出してました。
とにかく最高の演技でした。
みいな
2011/03/06 18:10
大絶賛ですね♪
残念ながら、こちらでは上映が終了しています。
DVDでチェックしましょう。
外国語映画賞のノミネート作品は外せませんね。
kaho
2011/03/06 22:52
内容はよく分かりませんが、基本的には単純なストーリーなのでしょうね。
迷える牧師、忠実な郵便配達、ふてぶてしい女性、登場人物はこの3人だけなのでしょうか。
それぞれ見事に役にはまっているようです。
この手の映画は、間延びしてしまう事が多いようですが、みいなさん大絶賛ということは話のテンポもいいのでしょうね。
toy
2011/03/07 06:57
<kahoさん
外国語映画賞にノミネートされていましたっけ?
やっぱり秀作は認められているんですね。
この映画は 私の中では最高ランクにあります。
みいな
2011/03/07 09:51
<toyさん
そうです、ストーリーは単純ですよ。
主な登場人物は お察しのとおり3人だけです。

75分にいろんな感情が凝縮されています。
その無駄の無さ、「間」の良さが もう最高です。
みいな
2011/03/07 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤコブへの手紙 POSTIA PAPPI JAAKOBILLE  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる