映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS コクリコ坂から

<<   作成日時 : 2011/08/04 16:41   >>

トラックバック 0 / コメント 10

つい「ココリコ」って言っちゃうのは私だけ?

●監督 宮崎吾朗
●声の出演 長澤まさみ、岡田准一、竹下景子 他
●データ2011年/日本/91分


全然予備知識もなくて 観ました。

初恋の物語だったのねえ。


無駄をそぎ落として、簡潔によく纏まった映画だと思いました。

ただね、少し物足りないかなあ。


フルコースを食べてとりあえずは満足なんだけど 

もっと量を食べたかった そんな感じ。


「遊び」の無さが良いという人と

私のように物足りないと感じる人と分かれるかも?


前の席で小学生の女の子2人が観ていましたが

どうだったのかなあ?

昭和の懐かしい道具が沢山出てくるから ある程度の年齢以上の方のほうが

楽しめるでしょうねえ。


公式サイトは こちら





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、今日劇場へ行ってきました♪

昨日は、ハリポタ行く予定でしたけど
2D字幕の上映回数が2回で、間に合わなくて
次回持ち越しとなりました。
3D字幕、吹き替えは回数多いんですけどね。

そのとき、ココリコ坂も見ようかな、、って思いましたわ。
花帆
2011/08/04 20:03
私もこれ、次回作のつもりです。
下調べしちゃったんですけど(笑)、その感じではなんか韓国ドラマみたいな話?とかって勝手に思ってしまって、だったら観たくないかも?とかね。
でもあのレトロな主題歌が耳に残っている限り、観なくちゃ!・・・って変?
カンフーパンダ2は絶対に観るざんすよ!
さつき緑
2011/08/05 07:32
<花帆さん
ハリポタは3Dが良いと思うんですが〜
私は目が疲れませんでしたが、主人は疲れたと言ってたので
その方の考えですがね。

ですよね、ココリコ坂って言っちゃうよね。
みいな
2011/08/05 08:31
<さつき緑さん
韓国ドラマは、ひとつしか見てないのですが
趣とかが違うのでは?と思います。

主題歌は、すごく良いと思います。
歌が耳に残って離れません。
「カンフーパンダ2」私も絶対に見ます!
みいな
2011/08/05 08:36
もう見られたのですね。
私はカラオケで「さよならの夏」を練習中です。

ココリコっていうとウケ狙いと思われるので、意識して言わないようにしています。
舞台は昭和?ですか。
なんとなく大正のイメージを持ってしまいました。
みみずく
2011/08/05 12:32
<みみずくさん
さすがに もう歌の練習なさってるんですね。
声質が少し似てるような気がするので、
私にも歌えるかも?とか勝手に思っています。

今の若い人が見たら あのレトロな道具達は
どう映るのか聞いてみたいです。
みいな
2011/08/06 07:59
宮ア駿の作品は素晴らしいものが多いですが、宮崎吾朗はどうもいい評判を聞きませんし、実際いいと思ったのはありません。
何が違うのかというのはうまく言えませんが、訴えるものが少ないのかなぁ...
相変わらずの酷評で、すいませんm(__)m


isa
2011/08/06 08:35
<isaさん
私は「ゲド戦記」とこの映画しか観ていません。
ゲド戦記は酷評されていましたが、それほど
悪くないと思っています。
どうしても偉大な父親と比べられて気の毒でもありますよね。
みいな
2011/08/06 20:02
誰かが、これを見て泣いたとか言ってたような気がするけど、人それぞれ感じ方が変わるのかもしれませんね〜

私も、ココリコ坂って言いたくなりますo(*^▽^*)oあはっ♪
うえどん
2011/08/08 23:39
<うーちゃん
↑には書いてないけど、私もラストに
ぽろっと涙が出たよ。
感動しないわけじゃあないけれど
物足りなさがどうしても残ってしまったのよ。
みいな
2011/08/09 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
コクリコ坂から 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる