映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 木洩れ日の家で PORA UMIERAC

<<   作成日時 : 2011/09/01 09:58   >>

トラックバック 0 / コメント 18

ちょい古いみたいね

●監督 ドロタ・ケンジェジャフスカ
●出演 ダヌタ・シャフラルスカ、クシシュトフ・グロビシュ、パトリツィア・シェフチク 他
●データ2007年/ポーランド/104分


ポーランド映画って初めてかも?

ワルシャワ郊外の古い屋敷に住む91歳のおばあさんの

周りで起こるいろいろが描かれています。

ダヌタ・シャフラルスカの演技は 演技を超越して全くの自然体で見事ですが、

一緒に住む愛犬のフィラデルフィア、この犬の表情が素晴らしい。

この犬にも演技賞をあげたくなりました。

よくもこんな表情を撮ったなあと感心するシーンがいくつもありました。


おばあさんの若い頃の回想シーンが秀逸です。

年をとってもチャーミングで魅力的ね。

 

ホームページトは こちら




素手で?! 私には無理

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
最近の映画で白黒は珍しいですよね。
彼女の生涯を描れて、興味が有りそうですね。
私も映画が好きですから最近はネット・テレビに変えて色々観ています。最近はアバタや題名は忘れましたがトム・クルーズとキャメロン・シーズ?の映画面白かったですね。ベトナム語の字幕が出ますが・・・。もう一度吹き替えか?日本語字幕で見たいものですね。
勿論映画館での迫力には負けますが・・・・。
都忘れ!(アオザイ)
2011/09/01 10:38
賢そうなワンコですね。
たくさんの賞を取っているみたいで、秀作なのでしょうね。
なんとも言えない雰囲気のある映画のようです。
この年齢となると、明日は生きていないかも知れないという思いがあるはずです。
それの気持との戦いもあるのでしょうね、きっと。
みみずく
2011/09/01 12:44
ちょっといい感じの作品ですね?私も観ようっと(DVDですよね?)
ここんところ、映画館に行くほどの作品が無いなぁ。
カーズ、やっぱりDVD待ちで観ますわ。1を借りようと思ったら無かったわ。
ハリーポッターもまとめて観たいのに、いつも無いので、しばらく待たないとね。
さつき緑
2011/09/01 15:27
<アオザイさん
そうですねえ、白黒映画はほとんど見かけませんよね。
その白黒がすごく生きていた映画でしたよ。
トム・クルーズ&キャメロン・ディアスのあれですね。
おっと私も題名が出てきません。
そうかあ、字幕の問題がありますよね。
そうだ、「ナイト&デイ」でしたね。
みいな
2011/09/02 08:58
<みみずくさん
ほんとに利口な犬だと思います。
素晴らしい表情。まるで人間のようです。
主役の女性も素晴らしかったのですが、
犬の演技(?)には誰も勝てないかも。
みいな
2011/09/02 09:00
<さつき緑さん
これはDVDじゃなくてフォーラムで観ましたよ。
こんなに上映が遅くなってしまったのには訳が
あるのかなあ?とふと思いました。
カーズ2、残念だなあ。今観るとしたらイチオシなんですが。
おっとハリポタも良いです。
みいな
2011/09/02 09:04
公式サイトで予告編を観たのですが、なかなか興味をそそるものでした。
これもチェックしておきます。
最近名作と呼べる可能性のあるものを観ていないので、これはちよっと期待しています。
isa
2011/09/02 13:50
これは「岩波ホール」でついこの間まで上映してましたよ、ネットの友人に勧められてました。岩波はどうも、億劫なところで、DVDで観ようと思っています。
花帆
2011/09/02 18:46
<isaさん
このところヒット続きです。
先ほどは録画しておいた「サン・ジャックへの道」を
見て、ほのぼのしていました。これもお薦めです。
みいな
2011/09/02 21:34
<花帆さん
そうでしたかあ。
DVDでも十分に良さが分かると思います。
白黒映画も良いもんですねえ。
みいな
2011/09/02 21:35
御無沙汰しちゃってごめんなさい
HPを見て、なんだか、ジィ〜ンときちゃいました
なんだかね・・いつまでも安定しない自分の足元って言うか、生活って言うか・・忘れたふりして日々の生活に流されてる・・そんな自分を思い出させてくれたような・・
う〜ん・・うまく言えないけど・・深夜だから、気持ちがナーバスになってるのかも・・
って、久々にお邪魔しておきながら、何言ってるんだろう・・私(^_^;)
まっ! ワンコちゃんの名前が、大好きなチーズと同じ名前だった事がうれしかったって事で、お許しを〜o(*^▽^*)oあはっ♪
うえどん
2011/09/04 01:10
<うーちゃん
いえいえ、気にしないでね。
お仕事忙しそうだけど
充実されているようで 良かったですね。

フィラデルフィアっていう名前が面白いよね。
可愛いんだよね、このワンちゃん。
こんな賢い犬を飼ったら退屈しないだろうなあ。
みいな
2011/09/04 09:59
シブい映画ですね。モノクロの映像が美しい。HP予告編で見ましたら、アンジェイワイダ監督の「コルチャック先生」に出演された女優さんなんですね。ワンちゃんもチャーミングです。DVD、出ましたら必ず見ますよ!
kotan
2011/09/04 14:08
<kotanさん
シブいのでkotanさんの好みにも合うと
思いますよ。
この映画、何年か経ったら カラーだったと間違って
言っちゃいそう。
白黒なことが大正解だったと思います。
みいな
2011/09/04 14:21
白黒なんですね。
木漏れ日とそこで描かれるドラマを表現するのにとてもいいと思います。
カラーだったらまた印象が違ったかも。
犬の表情がいいですね。
何度も撮りなおしたんでしょうが、十分演技力があるように思います。

若い頃着たドレスを体に当てていますが、今でも似合うんじゃないかしら。
おばあちゃんって華やかにした方がいいと思います。
日本のおばあちゃんは茶色とか灰色ばっかりだわ。
着物だと色味が増えるのに、洋服だとなんで地味になるんでしょうね。
私は派手なばあちゃんになります(笑)
のんちゃん
2011/09/04 23:12
ご無沙汰をしておりました。

「家とともに年齢を重ねる」っていうコトの意味、今年はずい分と考えさせられます。
大震災や水害、台風といった災害で否応なく住む家を奪われた多くの人もいらっしゃるし、(他人が見れば)壊れかけの家屋に住み続ける人もいらっしゃる。
そうした日本人の今のココロにも訴えかけるところがある作品かもしれませんね。

あえてモノクロなのも、そうした“時間”をイメージさせるのに効果的かもしれないし。
モッケ
2011/09/05 00:22
<のんちゃん
カラーだったら 余計なことに目が
いってしまっていたかも?
おばあさんの内面をじっくり描くには
白黒が合っていたと思います。
白黒でも十分に綺麗な花とかの表現が出来ていて
カラーの映像を想像するから 観る人の頭の中で
もっと綺麗な花がイメージできるようですよ。

年々、着る物が難しくなります。
あまりケバのは余計に老けちゃうし、かといって
地味過ぎると貧相だしね。
のんちゃんは、きっと素敵なおばあちゃんになるだろうなあ。
みいな
2011/09/05 16:36
<モッケさん
お久しぶりです。

家には住む人の魂も宿る気がします。
単なる入れものじゃないですよね。
家が流された方々の悲しみは想像できないほど
深いでしょうね。

みいな
2011/09/05 17:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
木洩れ日の家で PORA UMIERAC  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる