映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 四つのいのち  LE QUATTRO VOLTE

<<   作成日時 : 2011/10/13 17:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4


こういう地味な邦題の映画にもハズレはないよね

●監督 ミケランジェロ・フランマルティーノ
●出演 ジュゼッペ・フーダ、ブルーノ・ティンパノ、ナザレノ・ティンパノ 他
●データ2010年/ イタリア・ドイツ・スイス/88分


あれ? これもまた台詞がありません。

流行っているのかしらね。

この映画は、台詞だけじゃなくて、音楽もないです。


言葉がなくても伝えられるもんですねえ。

どこの国の人が観ても分かるだろうなあ。

映像だけで、これだけのことを描けるなんて!


山羊って、毛色が一匹ずつ違うだけじゃなくて、声も違うのね。

初めて知りました。 ちゃんと個性もあるんだなあ。



あんまり良いニュースがないこの頃、

この映画を観ると ほどよく肩の力が抜けるかも。

百聞は一見にしかず・・・是非 ご覧くださいませ。


公式サイトが見当たらなかったので、こちらを見てね

もうDVDになってるのかも?



あーやって立てるのね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
四つのいのち
何だろうと一瞬考えさせられました。まずは人間、動物、木、後は何だろうか
you tubeに予告が有ったので・・・・確かにヤギの首につけている鈴などだけで本当に台詞や音楽も無い様ですね。この予告を観ていて後の一つが解りました。新しく生まれ変わった炭ですね。4月の終りごろに公開された様ですね。考えながら観るのも想像だけで楽しいかもね。
都忘れ!(アオザイ)
2011/10/13 17:52
<アオザイさん
そうなんです、四つが何かを考えるのが
楽しいですよ。
生き物がそれぞれどこかで繋がっていることを
さりげなく伝えてくれる映画でした。
地味だけど ずっと忘れないだろうなあ。
みいな
2011/10/14 10:15
音楽、セリフがないとなると
私だったら、寝てしまうかな(笑)。
花帆
2011/10/14 18:20
<花帆さん
花帆さんだったら、きっと寝ないと思いますよ。
退屈しないように、ちゃんと物語になっている
ところがこの映画のすごいところだと思います。
みいな
2011/10/14 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
四つのいのち  LE QUATTRO VOLTE  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる