映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

<<   作成日時 : 2007/12/27 16:08   >>

トラックバック 0 / コメント 10

原題は Children of Glory

邦題のようにハンガリーの1956年の出来事です


●監督 クリスティナ・ゴダ
●出演 イヴァーン・フェニェー、カタ・ドボー、シャーンドル・チャーニ、カーロイ・ゲステシ、
     イルディゴー・バーンシャーギ、タマーシュ・ヨルダーン、ペーテル・ホウマン 他
●データ2007/ハンガリー

「自由を求める戦い」には 大きな犠牲が伴っている


強烈なメーッセージが込められた映画ですが 押し付けがましくなく
ことさら涙を誘う描写を避け あえて 淡々と真実を映像化したと思われる映画でした。

秘密警察AVOの長官(ペーテル・ホウマン)・・憎たらしくなるほどの悪役で 目が怖い!

過去の出来事を 映画にして残す 

本当に大切なことだと再認識しました。

イヴァーン・フェニェー の映像は こちらをポチっとね




この映画で 今年はお終いかなあ〜〜?





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いわゆる「ハンガリー動乱」(1956年)の騒乱と
その後を追ったハナシみたいですね。
当時の東欧のことはソ連によって圧殺されてたんで、
どれほどの人々が苦難に遭ったか現在でも正確なことは
わからないらしいですょ。
でも、ハンガリーや後のチェコ(1968年)などではずっと
自由を求める勇気ある若者達などが、
イノチを掛けて抵抗運動を続けたとか。
政治に無関心でいると、自由や権利は手から逃げていく。
若者にはいつだってそういった不条理に
ギモンを持ってて欲しいものだと思います。

あぁ、そんな熱意は日本の若いヒトには
“ナニ、それ?” “うざい感じぃ〜っ”
とか言うばかりで理解できないことなんでしょうね、きっと。
今日は堅い! @(^_^;)ゞ
2007/12/27 16:54
ポチっとしてみました〜♪
私好みな感じぃ〜なのに、この映画が放映されてることを、知りませんでした(T_T)
恋人役の彼も、上品なお顔ですね(*^m^*) ムフッ
そうですね〜・・今年もあと4日ですしね〜・・
テレビでも、観たかったのをやってるけど、みいなさんは、観たのばかりかな〜
うえどん
2007/12/27 20:36

えちさん
熱いご意見 ありがとうございます。

この映画を観て余計に思うのですが
自由を得るためには 最終的には 武器を持って
戦うしかないのでしょうか?
目的のために手段を選ばないとしたら 結局
弾圧している方と同じことをしてることに
なるような気がするのです。
映画ファン
2007/12/27 21:20
<うーちゃん
CMしてないかも。

彼は 「ジャーヘッド」にも出演してたらしい。
残念ながら どの役だったのか覚えていません。
そうだねえ、あと4日しかないねえ。
「半落ち」のこと?
原作は読みましたが 映画の方は未見です。
10時には寝る生活なので なかなかテレビでやってる
映画は見れないんだよ。録画することもあるけどね。
映画ファン
2007/12/27 21:29
ポチッとして観ましたよ。何時もこうして頂くと私にとっては助かりますよ。
(笑)矢張り私達が自由を失って居たら同じ事をして居たと思いますね。みいなさんは早く寝るのですね。早寝早起きでしょうね。年の瀬も迫り色々とお忙しいと思います。良い年をお迎え下さいね。
アオザイ
2007/12/28 01:30
自由のための戦いですか。
昨日もとある国の元首相が暗殺され、きな臭い感じが漂っていますね。
映画館に足を運ばない私としても、正月にどんなDVDを観ようか考え中です。
みみずく
2007/12/28 06:51
この頃全然ビデオ屋さん(←この言い方が、すでにもぉ古い)
に行ってません!花の独身時代はいろいろビデオを見てたのにぃ!
え?映画ですか?花の本番のドでかい画面で見る映画様は
全然見ませんでした(一緒に見に行く人が、らぶらぶ、
映画館まで腕を組んで歩いていく人がいませんでした)
今年はコレで最後?寂しいわん(しゅん)
aya
2007/12/28 08:36
<アオザイさん
10時に寝て6時前に起きる生活です。
寝すぎかも? 
特別な予定もないのですが 気持ちだけ
なんだか慌しい毎日です。
アオザイさんも 良いお年をお迎えください。
映画ファン
2007/12/28 09:06
<みみずくさん
お正月には やっぱ明るい映画観たいですね。
となると ホームアローンかな?
そう言えば 来年早々のミスター・ビーンの映画が
とても楽しみです。ポスター見ただけで ふいてます。
映画ファン
2007/12/28 09:09
<ayaさん
来年になったら ayaさんも お一人でいかが?
一人は 一度やると ヤミツキになります。
このところ 一人で観る方が すごく増えています。
平日は 一人の方ばかりですよ。

今年の記事は まだまだ書くつもりですよ。
ayaさんも ぎりぎりまで お付き合いしてね。
映画ファン
2007/12/28 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる