映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 再会の街で REIGN OVER ME

<<   作成日時 : 2008/01/16 15:25   >>

トラックバック 1 / コメント 4

9.11のテロで 愛する家族を失った 一人ぼっちの男

●監督 マイク・バインダー
●出演 アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、
     サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、ロバート・クライン、メリンダ・ディロン 他
●データ2007年/アメリカ

台詞のないシーンで 大泣きしちゃいました

あのテロで こうなってしまった人達が どれほどいただろう?

アダム・サンドラー扮する主人公を 救おうとしているうちに
いつの間にか自分も救われていく 大学時代のクラスメート (ドン・チードル

この二人の自然な演技!

ドン・チードルの妻役の ジェイダ・ビンケット=スミス や 精神科医のリヴ・タイラー
裁判長のドナルド・サザーランド など それぞれに ハマってます。


人を傷つけるのも人  だけど 癒すのも人以外にないのでしょうね。

暗く重たくなりがちなテーマですが ユーモアを交えて 
あえて軽く後味の良い映画に 仕上がっています。
画像

                              アダム・サンドラー

もじゃもじゃ頭が すごく似合ってて 「こんなにハンサムだったっけ?」
映像は ココをぽちっとね。
 
彼とドリュー・バリモアの「50回目のファーストキス」も 良い映画だったなあ〜〜




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「再会の街で」喪失と再生、いま手にあるものを考える
「再会の街で」★★★★☆ ドン・チードル、アダム・サンドラー主演 マイク・バインダー監督、2007年、アメリカ、127分 ...続きを見る
soramove
2008/01/22 20:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あのときの事件は未だに市民の傷跡として残っているのでしょうね。
パンドラの箱のような映画なのですね。
いろいろあったが、最後には希望が見えてくるような・・・。
現実もそうであって欲しいですね。
みみずく
2008/01/16 19:19
「ココ」でサイトをみました。
    ・・・・・・・

考えさせられる問題ですね、いわゆる“PTSD”がらみで。
ハナシは飛躍しちゃいますが
オイラの知人の家庭で、水害・地震(04年)・地震(去年)と
三回の災害に遭い、さらに伴侶と死別したものがいます。
(伴侶さんは病気でしたが)
周りは言いたいこともロクに言えず、
本人も痛手が大きすぎ逆におバカな言葉で笑わせてますが、
声を出した後の“淋しそうな目”が痛々しいですょ。
家庭の話題にビミョウに嘘が混じることもあります。

でも、みんなはいつでも待っています、
そのヒトが自分から話し掛けて来ることをただ愚直に。
それしか出来ないんですよ、隣人たちの立場では。

でも、きっと“ある時”が来たら
本人が心情を語ってくるとみんなは信じて待っているんです。
今日はシリアス...^^
2008/01/17 00:13
<みみずくさん
現実と比べると この男性は ある面 とても恵まれてると
思います。現実は もっと厳しいのでしょう。
でも この映画 心情を丁寧に追っている点が
とても気に入っています。
心を癒す という難しい現実の問題に対する
一つの答えを提示していて 多くの人に観て欲しいです。
みいな
2008/01/17 08:22
<えちさん
えちさんや周りの人達の対応が 素晴らしいですね。
まさしく その「待つ」ということが 
この映画でのテーマだと思います。
そのまま じっと 待ってあげてください。
みいな
2008/01/17 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
再会の街で REIGN OVER ME  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる