映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 4分間のピアニスト VIER MINUTE

<<   作成日時 : 2008/01/17 17:49   >>

トラックバック 0 / コメント 16


ドイツ映画を観ると いつも感動で胸が一杯になります。
感性が合うんですね、きっと。

●監督 クリス・クラウス
●出演 モニカ・ブライブトロイ、ハンナー・ヘルツシュプルング、スヴェン・ピッピッヒ、
     リッキー・ミューラー、ヤスミン・タバタバイ、シュテファン・クルト、 他
●データ2006/ドイツ/115分

ドイツ映画って 魂を描いた映画が多いような気がします。
だから 好きなのかも。

教師役のモニカ・ブライブトロイ も素晴らしいけど 1200人から選ばれたという
ハンナー・ヘルツシュブルング の演技は これがデビュー作と思えないほど
迫力があります。

いろんなジャンルの曲がちりばめられていて 凝っています。

こういう秀作を観ると
ただただ 観てくださいとしか言えないのが もどかしい。

内容が知りたい方は ココをぽちっとどうぞ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
この映画、こちらでは26日から2週間の予定で上映されます。2週間か・・・、見に行けるかなぁ?みいなさんがオススメされてるので、ぜひ見たいなぁ。
とろ♪
2008/01/17 18:48
映画の公式サイトに行くとピアノの音が・・・。
相変わらず配役は一人も分りません。
誰か一人でも理解者がいると人は変わることが出来るということでしょうかねえ。
みみずく
2008/01/17 19:02
<とろ♪ちゃん
とろちゃんも感動すると思うんだけど。
時間が出来たら是非!
みいな
2008/01/17 20:32
<みみずくさん
私も名前が分からない人ばかりでした。
ドイツ映画がどれも良いなあと思い始めたのは
去年くらいからだし まだまだ です。
サイトを見ただけでも良い映画のニオイがするでしょう?
みいな
2008/01/17 20:37
相性が良いというのは、わかるような気がします。
みいなさんは几帳面で真面目な感じがするから。
私はドイツ映画といえば「ベルリン天使の詩」が浮かびます。
一回しか観ていないのに、いろんなシーンを鮮明に覚えています。
なぜか、ヨーロッパ映画のシーンはさりげないものでも心に残るものが多いですね。
るぅ〜しぃ
2008/01/17 21:54
前記事も今回の作品もポチが有りますから私にとって大変助かりますね。
ヨーロッパの作品は俳優さんが全くと云って解りませんがどちらも良い作品の様に思えましたよ。先日の私の男(本)は直木賞を貰いましたね。
アオザイ
2008/01/18 00:53
「戦場のピアニスト」を思い出して、戦争映画かと思っていたんですが、全く違うようですね(^_^;)
でも、あの戦争で、魂の痛みを知ったドイツだからこそ、こういった映画が出来るのかもしれませんね。
私も過去に、たった1人の理解者と、たった一言に救われた事があります。
魂の叫びって、きっと誰かに伝わるのもですね(*^_^*)
うえどん
2008/01/18 02:20
<るぅ〜しぃさん
1回しか観なくても 感動が大きいと 結構覚えている
もんですよね。
ドイツの男性に ものすごく惹かれるせいかも。
私の場合 映画を観れば観るほど、心理描写に重点を置く
映画が好きになっています。
みいな
2008/01/18 08:57
<アオザイさん
私も俳優さんの名前とか ほとんど知らないですよ。
ようやくこの頃 顔だけ 「どっかで見た」と思えることが
時々ある程度です。ま、そのうちなんとか覚えるかな。

「私の男」 直木賞受賞しましたね!
やはりなあ、あの文章には衝撃を受けたので
納得に受賞です。
みいな
2008/01/18 09:01
<うーちゃん
ナチスの犯罪も真正面から取り上げる
ドイツ映画の良心には いつも感心させられます。

たった一言で救われたこと 私には経験がありませんが
そういう一言が 自然と出てくる人になりたいです。
みいな
2008/01/18 09:17
ドイツ映画って・・・どんな感じなのでしょう?
イメージが湧きませんが楽しみです。
人魚姫
2008/01/20 15:24
私はドイツの監督のヴィム・ベンダースが大好きなので、ドイツ映画には興味があります。この映画もよさそうですね。みてみたいわ〜
kotan
2008/01/20 20:56
<人魚姫さん
ドイツ映画を観て いつも思うのは 端役の人も
皆 演技が上手いこと。
ハズレたことは皆無なので 是非 人魚姫さんも
ご覧ください。
みいな
2008/01/20 21:47
<kotanさん
調べてみたら「アメリカ、家族のいる風景」や
るぅ〜しぃさんお薦めの「ベルリン、天使の詩」の
監督さんなのですね。残念なことに どちらも未見です。
お名前をインプットしておきますね。
この映画、kotanさんもお好きだと思いますよ。
みいな
2008/01/21 08:18
先日、やっと見にいきました。
僕もドイツ映画が大好きなので、前々から楽しみにしていたのですが。
正直言って、僕にはちょっと・・・という感じでした。
僕自身が“ベタ”過ぎるのかも知れません。
hiro
2008/02/02 09:06
<hiroさん
思っていたのと違ってたのですかね?
主人公に共感できるかどうかが 分かれるところ
でしょうか?
考えてみれば 女性向きの映画かも。
みいな
2008/02/04 08:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
4分間のピアニスト VIER MINUTE  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる