映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War

<<   作成日時 : 2008/05/19 08:27   >>

トラックバック 1 / コメント 8

●原作 ジョージ・クライル
●監督 マイク・ニコルズ
●出演 トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス 他
●データ2007年/アメリカ/101分


まずマイク・ニコルズ監督について ネットから拝借
マイク・ニコルズ(Mike Nichols、1931年11月6日 - )はアメリカ合衆国で活躍する映画監督、舞台演出家。

本名はMichael Igor Peschkowsky。出生地はドイツ・ベルリン。両親はドイツ及びロシア系ユダヤ人。

ナチス・ドイツのユダヤ人迫害により、1939年に家族でアメリカに移住。シカゴで医者になるため勉強していたが中退、オフ・ブロードウェイの舞台に出演するようになった。その後、演出家も手がけるようになり、ブロードウェイで活躍した。トニー賞を7つ受賞している。

1966年に『バージニア・ウルフなんかこわくない』で映画監督としてデビュー。
翌年の『卒業』でアカデミー監督賞を受賞した。




この映画の真意は どこにあるのだろうか?  

わざとヒーロー的に描いているの? 
 

深刻な題材なのに カラッと描かれているのは 
映画として単なるエンターテイメントを狙ったから?

なんだか納得できない映画でした

観る前まで お酒と女性が大好きな議員が 平和のため 誰も予想のつかない知的な方法で
ロシアのアフガニスタン侵攻を止める話かと 思ってたけど
その手段は・・・    

「ブラックユーモア」  なのかしら?

公式 サイトは こちら


この映画の感想 多くの人に聞いてみたいです。 が、劇場は 公開二日目なのにガラ空きでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの豪華共演による政治風刺ドラマ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観てきましたー。 観たのはユナイテッド・シネマとしまえんで22:00の回。平日のこんなレイトショーの上映回だったので、お客さん ...続きを見る
cinema!cinema!〜ミーハー映...
2008/05/25 00:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これは実話なのでしょうかね。
どんな作戦かは、さすがに公式サイトには書かれていないので、なんとも判断出ませんが・・・トム・ハンクス一回り大きくなったみたい。(太った?)
こういう役柄なので、調度いいかもしれませんね。
大統領戦に向けて、今この映画なのかしら。
みみずく
2008/05/19 09:20
<みみずくさん
トム・ハンクスは きっと わざと太ったのでしょうね。
貫禄付くから。役者さんは 痩せたり太ったり大変ですね。

ほう〜〜 大統領選 そうかも!
みいな
2008/05/19 09:27
この映画実話ですか?日本の政治家にも見て貰いたいと思いますね。トム・ハンクスだから面白く可笑しく製作したのかな?確かに大統領選ね?
アオザイ
2008/05/19 11:03
<アオザイさん
実話だそうですよ。
驚きました。あーいうことが出来たこと自体
日本では考えられません。
みいな
2008/05/19 15:19
僕も?がいっぱい頭に浮かんだ映画でした。
予告編からは、もっと軽い映画かと思っていたのに。
僕の場合、最大の?の原因は、チャーリーがなぜ、アフガンに興味を持ったのかです。
ドラッグと酒を煽りながら、裸の女性と混浴している状況で、
どうしてダン・ラザーのターバンがあんなに気になったのか、よく判らなかったので、感情移入出来ませんでした。
hiro
2008/05/25 10:28
<hiroさん
チャーリーは 実は世界情勢に敏感で 政治家として
ちゃんと仕事をしてた、とかいう設定では?
今のアフガンの状況を考えると なぜこの映画を今公開するのか
やっぱり疑問です。
アメリカの言い訳か?とか思ってしまいました。
みいな
2008/05/25 16:10
みいなさんにしては珍しく辛口ですね。
表彰式のチャーリーの表情とかを見る限りでは、ヒーロー的にとはちょっと思えなかったのですが・・・。

>深刻な題材なのに カラッと描かれている・・・
原作はどんな感じなんでしょうね・・・?

物語に深みは感じられなかったけど、登場人物の個性がけっこうはっきりしてて、それぞれの役者さんたちの演技は楽しめたかなぁ・・・。
とろ♪
2008/06/02 18:54
<とろ♪ちゃん
う〜ん、あの表情からすると そうなんだけど
どうも割り切れない映画でした。
今現在のアフガニスタンの状況とかを考えると
果たして あの行動は良かったのだろうか?と思ってしまって。
確かにロシアの侵攻は止められたけれど なんだか
納得いかないのです。
結局 武力での解決に手助けしたということに。
エンターテイメントと割り切って見てしまえば
良いのかもしれないけれど それが出来ない私です。

みいな
2008/06/03 08:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる