映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS コレラの時代の愛 Love in the Time of Cholera (PG-12)

<<   作成日時 : 2008/12/02 17:34   >>

トラックバック 1 / コメント 6

ハビエル・バルデム主演だし なかなか良さそう〜

●原作 ガブリエル・ガルシア=マルケス
●監督 マイク・ニューウェル
●出演 ハビエル・バルデム、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ、ベンジャミン・ブラット、
     カタリーナ・サンディノ・モレノ 他
●データ2007年/アメリカ/137分

《愛する人を51年9ヶ月4日待った》・・・  って 毎日数えてたってことね!


ハビエル・バルデム  彼は ほんとにすごいね。

下手するとストーカーみたいになってしまうところを 爽やかさや可愛らしさも漂うような演技が出来ちゃうんだから。


愛されるフェルミナ・・・なんて幸せな女性でしょうか。 うらやましいったら ありゃしない。



意外なことに笑えるシーンもあって 想像していたほど重たくない映画でした。

ハビエル・バルデムは 「ノーカントリー」で載せましたので  フェルミナの夫役の彼をご紹介。
画像
                              ベンジャミン・ブラット
サンフランシスコ出身の44歳。どっかで観てると思ってたら「トラフィック」や「キャットウーマン」に出演してたのね。
以前ジュリア・ロバーツと交際してたらしい。 スマートで知的で素敵ですね。



公式サイトは こちら


あれじゃあ 診察されるのに覚悟がいるね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『 コレラの時代の愛』 ガブリエル・ガルシア=マルケス (著)
夫を不慮の事故で亡くしたばかりの女は72歳。彼女への思いを胸に、独身を守ってきたという男は76歳。ついにその夜、男は女に愛を告げた。困惑と不安、記憶と期待がさまざまに交錯する二人を乗せた蒸気船が、コロンビアの大河をただよい始めた時…。内戦が疫病のように猖獗した時代を背景に、悠然とくり広げられる、愛の真実の物語。1985年発表。 ...続きを見る
Anonymous-source
2009/03/02 16:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
HP見ました
51年と9ヶ月と4日も、愛され、待ち続けてもらえるなんて、幸せな女性ですね
ほんと、うらやましい〜〜
おまけに、スマートで知的な人なら、私なら、そんなに待たせないです〜〜(*^m^*) ムフッ
うえどん
2008/12/02 22:37
<うーちゃん
私の書き方 誤解受けちゃいましたね。
夫になったのは スマートで知的な↑の写真の彼で
待ってたのは 対極にあるようなアクの強いお顔の
ハビエル・バルデム扮するフロレンティーノなのです。

私でも こちらの方と結婚するだろうなあ〜。
この映画の状況だったら 無理もないって感じです。
そのあたりも 上手く出来ています。
みいな
2008/12/03 08:08
ホームページが大変凝ったものになっていて、どんどんどんどん右へ右へと進んで、結局ストーリーはどこに書かれているのか、分かりませんでした。
コレラの時代って・・・伝染病?の事かしらと首を傾げたままに終わりました。
しかし51年って・・・30歳で愛し始めたら81歳になってしまいますね・・・そういう問題の話ではないのでしょうが。(☆o☆)
みみずく
2008/12/03 09:06
題名からコレラの難病に悩ませるのかと思いましたが英語で見るとコレラの様に何時までも愛し続けるですよね。51年9ヶ月4日まで本当に待ち続けられるか私には多分出来ませんね
アオザイ
2008/12/03 10:38
<みみずくさん
伝染病のコレラなんですよ。
これが 結構重要な要素になっています・・。

51年って そういう問題も大いに含んでます。
みいな
2008/12/03 15:45
<アオザイさん
51年も待てる人って 現実にはいるのかしら?
私も自信ないです。
会った瞬間に「この人を一生愛し続ける」と思うのは
よくあることでしょうが それを実行するとなると
ほとんどの人は諦めるでしょうねえ。
みいな
2008/12/03 16:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
コレラの時代の愛 Love in the Time of Cholera (PG-12) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる