映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛を読むひと THE READER (PG-12)

<<   作成日時 : 2009/06/26 15:42   >>

トラックバック 0 / コメント 22

原作を読んでいたので 映画を作ったつもりになっていろんなシーンを想像していました。

●原作 ベルンハルト・シュリンク
●監督 スティーヴン・ダルドリー
●出演 ケイト・ウィンスレット、レイフ・ファインズ、ブルーノ・ガンツ 他
●データ2008年/アメリカ・ドイツ/125分

静かにしみる映画でした。


なんと言っても ハンナ役のケイト・ウィンスレットが素晴らしいです。

本年度アカデミー賞最優秀主演女優賞にふさわしい見事な演技でした。

もともと原作のイメージが まるで彼女をイメージして創られたみたいに ぴったりなんですよ。



レイフ・ファインズも また上手いのよね〜 彼は横顔が良いなあ

ハンナの部屋や アパートの入口、電車などの描写は 読んで想像していたのと

ほとんど同じなんですよ、うれしいなあ。

映像が先か原作が先か? いつも迷いますが 今回は原作が先で良かったような気がしています。


画像
                          ケイト・ウィンスレット
イングランド生まれ33歳。  彼女といえば「タイタニック」かしら? 
「エターナル・サンシャイン」「ネバーランド」「ホリディ」 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」など 
どれも好演していますね。


ニコ・ムーリーの音楽が 映画を邪魔せずに自然に盛り上げていて才能を感じます。
 

公式サイトは こちら


法廷で○○○するって呆れちゃう




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
公式ページを見て、単に恋愛映画とは言えないような気がしています。
ここにも戦争の影があるような・・・。
一人も俳優さんが分かりませんでした。
最近の映画には、疎いからなぁ〜。
みみずく
2009/06/26 18:48
ドイツでの電車の車掌を務める女性に恋する映画の様ですが・・・
みみずく様が云われる様に戦争の影が有りますよね。しかも男性はまだ学生
その時の償いから始る様子が描かれていますよね。
アオザイ
2009/06/26 19:09
私も、この独特な雰囲気がある原作、非常に気に入っているので、映画を見る勇気がないです。
でもみいなさんの感想を読むと、雰囲気が損なわれていないようですね。
kotan
2009/06/26 23:24
僕も原作本に深く感動しました。
ずっと映画化を楽しみにしていたのですが、期待通りの出来映えでしたね。
ケイト・ウィンスレットは、僕もピッタリのキャスティングだと思います。
控えめだけど効果的な音楽もとても良かったですね。
hiro
2009/06/27 03:52
<みみずくさん
御想像とおり 単純な恋愛映画ではないです。
ドイツ映画とくれば 戦争はつきものかも?

ケイト・ウィンスレットとレイフ・ファインズ
お互い上手だから 演技がやり易かっただろうなあと
勝手に想像しています。

みいな
2009/06/27 09:53
<アオザイさん
是非 原作の「朗読者」を読んでみてください。
きっとアオザイさんも シビれるのでは?
みいな
2009/06/27 09:55
<kotanさん
映画も原作を大切に作られていて 素晴らしかったですよ。
是非 kotanさんもご覧ください。
原作は kotanさんのお薦めがあったから読んでみたので
この場をお借りして お礼します。ありがとう〜
みいな
2009/06/27 09:57
<hiroさん
hiroさんも「朗読者」がお好きだったんですね。
素晴らしい小説ですよね。 
いずれまた読みたいです。
ケイト・ウィンスレット の体つきとか雰囲気が
本当に原作どおりでしたよね!
みいな
2009/06/27 10:01
まーくん、負けちゃいましたね。やっぱり打線が援護してやらないとね。ダル君は、買ってくれました。10勝目です。2位ソフトバンクと1ゲーム差になりました。
楽天も3位キープ、ガンバレ!
おいちゃん
2009/06/27 12:35
<おいちゃん
そうなんですよ〜 マー君残念でした。
キャッチャーの配球が悪いと 監督がオカンムリでした。
応援ありがとうございます!
みいな
2009/06/27 18:09
とってもいい映画でしたねぇ〜!後半は涙が溢れっぱなしでした…。
ケイトもレイフ・ファインズも素敵でしたねぇ〜。

これまた原作未読で、映画の雰囲気があまりにもよくて、あえて原作は読みたくないかもと思っていたのですが、みいなさんの感想を読んだら、読みたくなってきました。
とろ♪
2009/06/27 19:04
<とろ♪ちゃん
これも忘れられない映画になったよねえ。
私もずいぶん泣いちゃったよ。

是非是非 原作も読んでみてね!
感動すると思うよ。「帰郷者」もお薦めです。
みいな
2009/06/27 21:10
純愛もののようですね(*^_^*)
本を先に読んでて、映像に出てくる風景が想像どうりだと、余計に映画に愛着がわきますよね〜
ケイト・ウィンスレットさん、きりっとした姿が似合う女優さんですね(*^^)v
うえどん
2009/06/28 01:53
<うーちゃん
最初に本を読んでいると 自分で勝手に映像を想像
できちゃうのが良いところで それが当たってたりすると
なんかうれしいんだよね。
ケイト・ウィンスレットは 役になりきって
スパッと脱いでいるし 女優さんというより
役者って感じかしらね。
みいな
2009/06/28 08:29
楽天、勝利!おめでとう。日本ハムも買ったそうで。(笑)昨日はチェックしていなかったんです。今朝、ネットで調べて知りました。(笑)
さてさて…次は、楽天と日本ハムが直接対決ですね。頑張りましょう。
おいちゃん
2009/06/28 11:04
<おいちゃん
ありがとうございます!
ばんばん打てて良かったです。この調子でがんばって欲しいな。

直接対決かあ、お手柔かにお願いします。
みいな
2009/06/28 14:25
楽天、勝利おめでとう。日本ハムは負けました〜。ソフトバンクと同率首位。まいったな〜。こんな漢字でいくんでしょうね〜これからも。(笑)
おいちゃん
2009/06/29 11:27
<おいちゃん
ありがとうございます、やっと勝ちました。
まだまだ これからですね! 応援しましょう〜
みいな
2009/06/29 11:30
お久しぶりです

昨日、娘が友達と映画を見に行ったみたいです。
子ども達は、ちょくちょく行ってるんだけど、私は長い間いってないなぁ。。。

みいなさんのブログ記事を見させて頂くたびに、見に行きたくなっちゃいます♪
今、観たいのは『余命一ヶ月の花嫁』です。
mamarin
2009/06/29 11:56
<mamarinさん
お元気そうで本当に良かったです。

「余命一ヶ月の花嫁」は実話を元にしたんでしたっけ。
想像するだけで涙がこぼれそうになります。
ひょっとしてmamarinさんは瑛太さんのファンでは?
彼 人気ありますよね〜
みいな
2009/06/29 21:11
見ました。想像していた内容とは、かなり違っていましたが…
原作がすばらしいものって、こうなんですね。
時代背景など、本を読んで、詳しく知りたい部分もありますが、読んでいないまだむにも、複雑な時代の流れが伝わって参りました。
ハンナのどこまでも筋を通す生真面目な性質が、涙を誘いました。文盲という現代の日本人にはあまり馴染みの無い事実が新鮮でした。

ユダヤ人の生き残りで、本を書いた彼女が、今では、非常に立派な屋敷に住んで、幸せな人生を送っているであろうことが、あまりにも皮肉で、無情に感じてしまうは、私だけでしょうか…。
まだむ
2009/07/05 23:14
<まだむさん
想像されていたより暗かったですか?
予告だけだと純然たる恋愛映画を想像しちゃうかも。
じんわり涙が出る映画でしたねえ。

確かに あのシーンには複雑な思いがしました。
ただ 彼女がある程度ハンナのことを理解してくれたことで
少し救われた感じがしました。
みいな
2009/07/06 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛を読むひと THE READER (PG-12) 映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる