映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 運命のボタン THE BOX

<<   作成日時 : 2010/05/12 08:26   >>

トラックバック 0 / コメント 14

これも観ると思ったでしょ?


●原作 リチャード・マシスン
●監督 リチャード・ケリー
●出演 キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン 他
●データ2009年/アメリカ/115分


想像していた映画とは雰囲気が全然違ってました。

今回は↓の予告編を見ておいて 私のように意外性を楽しむのも良いかも?

公式サイトは こちら


原作のリチャード・マシスンは「アイ・アム・レジェント」の原作者です。

どうりで物語は全然違うのに 同じ匂いがしました。

人間の良心や 運命のことなど いろいろ考えさせられる映画でした。

キャメロン・ディアスジェームズ・マースデンの細かく的確な演技が良かったなあ。

これは私の想像ですが、撮影に際して細かく監督から指示があり

時間をかけてじっくり演技指導があったのでは?

フランク・ランジェラの独特の風貌が 

得体の知れない難役にぴったり合ってました。


なんともいえない独特の雰囲気を上手く引き立てる音楽が素晴らしい。


個性的な映画なので好き嫌いが分かれてしまうかもね。



さて あなただったらボタンを押しますか?


画像
                             リチャード・ケリー監督
ヴァージニア州ニューポート・ニューズ生まれ、35歳。私は未見ですが 「ドニー・ダーコ」の監督らしい。
第2のスタンリー・キューブリックと言われてるそうです。



はっきりと断言出来るほど詳しくないのですが ボタンの届けられる時刻のことや 鏡、水など 

キリスト教と深い関係のある映画のようですよ。




短気は・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、何かの番組で観て初めて知った映画です(遅い!)
キャメロン・ディアスだ!ということだけはすぐに解ったけど、あとは
ハラハラしそうな作品だろうな〜・・・くらいしか解らなかった。
さて・・・次は何をみようかな?って思う今日この頃です。
思ったらすぐに行動しないと、すぐに終っちゃうもんね、今どきは。
さつき緑
2010/05/12 13:49
キャメロン・ディアスだし、ドタバタコメディー系だと勝手に勘違いしてたけど、宗教色の勝ったサスペンスなのかな?(^^ゞ
映画館でちらっと予告編を見ました。
私だったら・・・怖くて押せないと思うんだけど・・・お金につられてソッコー押してたりして(自爆)
キーブー
2010/05/12 18:23
この作品はノーチェックです。
はい、たった今、知ったところです。

真っ先に思ったのは、こんなボタンなら、いらない。
苦悩するだけで、押しても押さなくても後悔するような気がします。
お金を手にして、今度は別の誰かにボタンを押されて、自分が死ぬ番だったりしてと考え込んでしまいます。
・・・罠。
toy
2010/05/12 19:34
私なら、何の迷いもなく押しちゃうでしょうね〜
キリスト教と関係があるとしたら、なおさら私にはわからない世界ですし、たぶん、何かのおもちゃと勘違いして、面白そうだから試しに押しちゃってるだろうな〜(^_^;)
うえどん
2010/05/13 00:57
<さつき緑さん
ほんと 見ようと思ったら即行かないと
1週間で上映時間が変わり2週間で終わっちゃうもんね。
6月に沢山見たいのが来るようです。
今日はどうしよう?
みいな
2010/05/13 08:34
<キーブーさん
キャメロン・ディアスもジェームス・マースデンも
恋愛映画のイメージがあるけど これは
全くのシリアス系です。

どうだろうねえ? 
知ってる人には死んでほしくないけど 知らない人は
日々どこかで亡くなってるしなあ。そこが核ですね。
みいな
2010/05/13 08:37
<toyさん
毎度 鋭い洞察力に感心します。
観る前から toyさんのようにある程度
読めると理解ももっと深いんだろうなあ。
映画館にこだわらなくても良いと思うので
是非 レンタルでご覧くださいませ。
みいな
2010/05/13 08:40
<うーちゃん
私の場合、誰かに「押すな!」と言われたら押したいし
「押して!」と言われたら押すのを躊躇うかも?

洋画の場合、宗教に関係のあるものが多いから
疎いので少しずつネットで調べたりしてますが
なにせ何教も信仰してないもので調べることさえ
困難な状態です。
みいな
2010/05/13 08:52
ちょっと面白そうだなと思っていた作品でした。
どんどん公開、どんどん忘れる、、byドン小西(笑)。
洋画は根底は宗教に基づいていますね。
主にキリスト教ですね、宗教・思想がちゃんとしていないのは日本くらいかな(笑)。
ノーテンキでいいかもしれませんが。
花帆
2010/05/13 22:40
<花帆さん
どんどん公開、どんどん忘れる・・座布団一枚!
キリスト教のことが分からないと映画も分からないのが
いつも困りものです。
宗教が本当に人類にためになっているのなら
良いけれど、宗教の違いが争いの元になることが多い現実を
見ると 日本のような状態のほうが良いのでは?と
思ったりします。
みいな
2010/05/14 09:10
見ると思いました。
コレは押すのか押さないのかで葛藤するのかと思ったら
予告でアッサリ押してて笑っちゃいました。
その後でツケが回ってくるんですね。
どんな展開になるのか見てみたいです。
100人に聞いたら押す人と押さない人どっちが多いのかしら。
のんちゃん
2010/05/14 18:58
<のんちゃん
やっぱり分かった〜

あれ?予告であっさり押してたっけ?
100人に聞いたら押さないとかいう人も
多いと思うけど 実際に手にしたら
100人とも押したりしてね・・。
みいな
2010/05/15 14:08
この前、見てきました。
この映画、もともと、ボタンを押して箱を取りに来るところまでは、短編のスリラー小説なんですよね。
アメリカのテレビシリーズ「トワイライトゾーン」でも、このエピソードがあって、とても“ゾッ”としたのを覚えています。

でも・・・
>ボタンの届けられる時刻のことや 鏡、水など 
>キリスト教と深い関係のある映画のようですよ。
それは全く知りませんでした。
ボタンを押してからの話は、尺を延ばすための付け足しぐらいに思っていたので、勉強不足を反省です。ありがとうございました。
hiro
2010/05/20 01:33
<hiroさん
「トライライトゾーン」って 始まりの
音楽が怖くなかったですか?
私は怖くて見れなかった記憶だけが残っています。

いえいえ私のほうがずっと勉強不足ですよ。
もっとキリスト教のことが知りたいです。

この映画の原作を図書館から借りて
これから読むところです。楽しみです。
みいな
2010/05/20 16:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
運命のボタン THE BOX  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる