映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS 借りぐらしのアリエッティ

<<   作成日時 : 2010/08/12 10:10   >>

トラックバック 0 / コメント 12

少しは 空いてきたかな?

●原作 メアリー・ノートン『床下の小人たち』
●監督 米林宏昌
●声の出演 志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、三浦友和、樹木希林 他
●データ2010年/日本

平日の朝一番の回でしたが さすがに夏休みだけあって わりと混んでいました。


とても丁寧な映像と巧みな描写は さすが!です。


ラストに じんわり感動しました。



・・・・・・・でもね、私だけかもしれないけど 少しがっかりしたのも本音なんです。


こう なんというか 「迫力」というか 「熱意」というか 「情熱」というか 何と書けば分かってもらえるかなあ?

例えば『千と千尋の神隠し』のような 作品を覆うようなオーラが少ないかも?

あの映画には 一種怖さみたいなものもあったと思うんですよ。 

そのあたりが なんか物足りないと感じてしまいました。

〈優等生〉みたいに 纏まっていて取り立てて欠点らしいものもないけど 面白味に欠けるかも?



なんて書きましたが 観た後に ほっこりしたあったかい気持ちになれたのも事実なんです。

ん〜  他の方は どうご覧になったかが知りたいなあ。 



公式サイトは こちら



音楽・主題歌担当のこの方。
画像
                              セシル・コルベル
フランス、ブルターニュ地方、フィニステール(Finistere)、1980年生まれ。歌手でありハープ奏者。

透き通るような音楽が この映画の雰囲気にぴったりでした。



しばらく作ってないけど また作ろうかしらん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ほぼ同じ意見ですよ♪
大分前に自分のブログに書きました。
一緒に行った娘なんか
ジブリファンでしたけど、がっかりしたって(笑)。
絵はキレイでしたね。
ほっこりかんもなかったです^^;

音楽、テーマ曲の声ステキでしたね♪
花帆
2010/08/12 10:55
最近のジブリ作品は、私も、なんだかちょっとね〜・・・
どこか、ウケねらいと言うか、儲けに走ってるような気がして、いいストーリでも、ただの偽善にしか見えなくなっています
私がひねくれてるだけかもしれませんけどね(^_^;)
私も、「千と千尋・・・」が、ピークでした
うえどん
2010/08/12 12:19
これは宮崎作品だったのですね。
つい最近、訳も分からず題名だけを小耳に挟んでストーリー(あらすじ)を先日ちらりと読んだところでした。
公式サイトではありませんでしたので絵もなくて・・・。

『千と千尋の神隠し』は「霧の向こうのふしぎな町」という原作がありましたが、この作品にもあるのかしら?
toy
2010/08/12 12:40
ジブリ作品ってあんまり観てないですね、そういえば(^^ゞ
「もののけ姫」は、当時まだ小さかったこぶた2号にせがまれて連れていったけど、すごく感動したっけ(*^_^*)
この作品も、緑の庭の風景がきれいで心惹かれましたが・・・たぶん行かないかなあ(~_~;)
キーブー
2010/08/12 15:29
そうかもね。平凡な日常に、小人が現れただけの話なのかもしれない。
でも、今回の監督さんはそうとう苦労して作ったみたいですね?
昨日NHKだったかな?特集でやったいたのを観ましたけど、私は作る過程を見ていたら、一回だけ観てああだこうだいうのは申訳ないような気さえしました。
ま、公開されるまでに大騒ぎしすぎる感が、よくないんじゃないかなぁ?
さつき緑
2010/08/12 20:28
<花帆さん
そうでしたかあ、同じ意見でうれしいです。
その記事、これから読ませていただきますね。

音楽良かったですよね。綺麗でした。
みいな
2010/08/13 12:36
<うーちゃん
優しい作品なんだけど 何かが足りない感じが
しちゃいました。
それと絵のタッチとか見慣れてしまったのかも?
みいな
2010/08/13 12:37
<toyさん
この映画は宮崎駿監督じゃないみたいですよ。
ジプリ作品ではありますけれど。

原作はイギリスの児童文学「床下の小人たち」らしいです。
みいな
2010/08/13 12:42
<キーブーさん
「もののけ姫」は、知人から借りて見ましたが
なかなか面白い映画でした。迫力ありましたねえ。
ジプリ作品は話題になるから なんか外せない気が
して・・。流行りものに弱いんですよ。
みいな
2010/08/13 12:48
<さつき緑さん
映画って制作過程を知ると あーだ こーだ
言えなくなっちゃうかもね。どの映画も相当苦労して
作られているだろうから。
思うに、あれこれ考え過ぎて作品が委縮しちゃったのでは?
ジプリ作品というだけで期待されるのは 考えてみれば
気の毒なことですねえ。
みいな
2010/08/13 12:53
うん、あっさりでしたね。ぼくはぜんぜん期待しないで行ったから、おもったより楽しめました。映像の色彩や質感が気に入りました。
ぼくんち杉並区†
2010/09/23 13:28
<ぼくんち杉並区✝さん
そうでしたか。全然期待してないで行くと
嬉しい誤算があったりしますね。
色彩や質感は さすがに素晴らしかったですね。
みいな
2010/09/23 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
借りぐらしのアリエッティ  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる