映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS フェアウェル さらば,哀しみのスパイ FAREWELL

<<   作成日時 : 2010/09/08 09:55   >>

トラックバック 0 / コメント 6


「スパイ」という言葉に弱いの

●監督 クリスチャン・カリオン
●出演 エミール・クストリッツァ、ギョーム・カネ、ウィレム・デフォー 他
●データ2009年/フランス/113分


この映画のチラシから拝借

国際社会のパワー・バランスを塗りかえたソ連崩壊。

そのきっかけとなった20世紀最大級のスパイ行為<フェアウェル事件>

歴史に埋もれた驚愕の実話がついに映画化!



それでなくても歴史に疎い私、この話も初めて知りました。

祖国のため、息子のために、命をかけた男の姿が涙を誘います。

主演のエミール・クストリッツァの抑えた演技が秀逸でした。


現実に何をしたのか 御存じの方もそうでない方も 是非ご覧ください。


公式サイトは こちら


重厚な見応えのある映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どんな事件か知りませんが、大変興味深いです。
歴史が動いたという事に基づいて作られた映画というのも重みがありますね。

レーガンとゴルバチョフ役の俳優さん、けっこう似ていますね。
フレディ・マーキュリー(クイーン)は笑ってしまいました。
toy
2010/09/08 16:33
私も、世界史に弱くて、、、
日本史も弱いけど、、、
どんどん忘れてます。
興味深い題材ですね。きっと見ごたえあるのでしょうね♪
花帆
2010/09/09 08:16
<toyさん
歴史の裏には 知られてないことがまだまだ
沢山あるはずで そういう埋もれた人を世の中に
知らしめるのが映画の良いところでもあると思います。

特にゴルバチョフがすごく似てますよねえ。
フレディの映像、私もくすくす笑ってみてましたよ。
みいな
2010/09/09 08:33
<花帆さん
イメージとして 花帆さんは歴史がお得意だと
想像してました。
見応えがあるので、是非レンタルするリストに
入れておいてくださいませ。
みいな
2010/09/09 08:35
>「スパイ」という言葉に弱いの
 はい、私もです(^^ゞ

ソ連崩壊のきっかけとなった事件にまつわる話ですか。
「フェアウェル事件」というのは、まったく知りませんでしたが。
なんだか興味がわいてきました♪

キーブー
2010/09/10 17:12
<キーブーさん
他にも 盗聴、おとり捜査、潜伏
偽名・・にも弱いです。

命がけで彼が成し遂げたことを思うと
胸がいっぱいになりました。
一人の人間が歴史をも変えてしまうことが
あるんですね、驚きです。
みいな
2010/09/10 21:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
フェアウェル さらば,哀しみのスパイ FAREWELL  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる