映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS エッセンシャル・キリング ESSENTIAL KILLING

<<   作成日時 : 2011/10/06 10:31   >>

トラックバック 0 / コメント 10

はらはらしそう〜

●監督 イエジー・スコリモフスキ
●出演 ヴィンセント・ギャロ、エマニュエル・セニエ、ザック・コーエン 他
●データ2011年/ポーランド・ノルウェー・アイルランド・ハンガリー/83分


なんと台詞が一切ありません。

その分 ヴィンセント・ギャロの演技が全てと言っても

過言ではないかも。


逃げて、逃げて、逃げまくる・・・

死んだほうがマシなくらいの状況で、逃げることをやめない。

何のために、何を求めて逃げるのか?

敵は、人間だけじゃないんですねえ。

83分間、ぎっしりと詰まった なかなか深い作品でした。


画像
                              ヴィンセント・ギャロ
ニューヨーク州バッファロー生まれ49歳。 ミュージシャン、画家、俳優、映画監督と多才な方なのね。

目が凄いです。射るような眼って こういう目なのでは?

公式サイトは こちら



〇〇まで食べるとは!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
セリフないの?それでハラハラ・・・昔観たスピルバーグの激突みたいな怖さ?
とも違うわね・・・疲れませんでした?
私も明日映画観るんですけど、自分の好みじゃないのでちょっと憂鬱(笑)
ま、人の趣味に合わせて案外ヒットに当たることも・・・ないだろうなぁ(泣)
さつき緑
2011/10/06 10:55
公式をみると本当に逃げて逃げて逃げまくっていますね。
しかし何故逃げるのか此れは矢張り観てからのお楽しみでしょうね。
台詞が無いのは本当に疲れませんでしたか
アフガンの出来事の様子ですね。ビィン・ラディンを用いふにした様に思えましたが・・・。
都忘れ !アオザイ
2011/10/06 11:10
台詞が一切ないというのが目を引きます。
台詞がなくてもストーリーが分かると言うのは、良く出来た脚本なのでしょう。
なかなかの映画なのだと思います。
けっこう興味が湧きます。

それにしても、出演者の誰一人も分からない私です。
みみずく
2011/10/06 18:11
<さつき緑さん
「激突」残念ながら未見なので、是非レンタルしたいです。
面白そうね。
83分と短い映画なので疲れませんでしたよ。
あの緊張感が2時間も続いたなら、疲れ切ったでしょうね。
明日は何をご覧になるのかなあ?
みいな
2011/10/06 18:42
<都忘れ !アオザイさん
台詞がないと字幕を読まなくて済むし
観てるほうは楽かも?
是非、ご自分の目で確かめてくださいませ。
みいな
2011/10/06 18:46
<みみずくさん
そうなんですよ、脚本とか演出とかが
素晴らしいと思います。

私もギャロの名前くらいしか知りませんでしたが、
女性はお顔を見たことがありました。
みいな
2011/10/06 18:48
とても懐かしい、ヴィンセント・ギャロ!
すっかり記憶から消えてましたわ、みいなさん。
「バッファロー66」での愛情に飢えてた小汚い青年、心にしみいるいい作品でしたのに、、、、、ご活躍だったのかな〜?
15年前くらいの作品ですが、ぽっちゃりなクリステーナ・リッチと共演でしたわ。
DVDが出たら観てみますね♪
花帆
2011/10/06 18:50
<花帆さん
私は、お名前しか知りませんでしたが、
さすがに花帆さんはご存じでしたね。
「バッファロー66」が彼の出世作のようなので
是非レンタルしたいと思います。
そういえばクリスティーナ・リッチ、最近
見かけないような・・
みいな
2011/10/06 19:33
逃げても逃げても追いかけられて追い詰められる…そんな悪い夢みたいなことが現実にあったら、私だったら開き直って逃げるのをやめるかもです〜
煮るなり焼くなり殺すなり、好きなようにして〜ってね!(^_^;)
うえどん
2011/10/06 23:27
<うーちゃん
私もうーちゃんと同じで 途中で逃げるの
やめてるよ。
その根性がすごいんだよね。
何がそうさせるのかなあ?
人によって解釈がいろいろ出来そうなのが
この映画の良いところです。
みいな
2011/10/07 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
エッセンシャル・キリング ESSENTIAL KILLING  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる