映画ファン

アクセスカウンタ

zoom RSS ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON

<<   作成日時 : 2011/11/09 10:14   >>

トラックバック 0 / コメント 18

久しぶりの邦画です

●監督 三谷幸喜
●出演 深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信、中井貴一、市村正親、
     小日向文世、小林隆、篠原涼子、KAN、山本亘、山本耕史、戸田惠子 他
●データ2011年/日本/144分


先日テレビで「ステキな隠し撮り」と言う2時間ドラマやってたのを

ご覧になりましたかあ?

あれを見て大笑いしたので、この映画も観ることにしました。

間違いなく 私にとってCM以上の効果がありました。



で、この映画、評判は知りませんが、面白かったですよ。

昨日はレディースデイということで おばさん達でいっぱいでした。

笑い声で溢れていて、とても良い雰囲気でしたよ。


いつものようにサイトを載せておきますが
公式サイトは こちら

本当はテレビCMとか見ないで、まっさらな状態で見たら もっと面白かっただろうなあ。



意外だったのは、笑いだけじゃなく、「泣き」もちゃんと用意してあったこと。

なかなか上手い演出でした。


画像
                               三谷幸喜
世田谷区生まれ、50歳。 
今年、女優の小林聡美さんと離婚されて、話題になっちゃいましたねえ。


こう言っては ナンですが、離婚されてから ものすごくテレビに出演されているし

いろいろ活躍されているようですね。 

これからも面白い映画を期待しています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
隠し撮り、面白かったですよね!同じ出演者たちで、全く違う物を作る才能に驚きましたよ。特に深津絵里は光っていましたわ。あの振り付けといい、歌と言い(消臭力のね)見事にやってのけていて圧巻でしたわ。
金縛りの方は、泣くところまではいかなかったけど、犬が出てくるところは思わず目頭が熱くなりましたよ。中井貴一も面白いですね。
さつき緑
2011/11/09 14:55
<齊藤理奈さん
すいませんが、CMは削除させて頂きました。
悪しからず。
みいな
2011/11/09 16:27
<さつき緑さん
隠し撮りで一番笑ったのは、山本耕史君がカメラマンを
やった あれです。思い出しても笑えちゃいます。
深津絵理ちゃんは、何をやっても上手いなあ。
中井貴一のおとぼけも面白かったですねえ。
みいな
2011/11/09 16:31
題名が荒唐無稽で、どうも好きになれそうもないです。
金縛りと呼ばれるもの自体が、霊現象ではなく単なる生理現象と科学的に証明されているらしいです。
それを考えずに楽しめれれば良いのでしょうが・・・。
みみずく
2011/11/10 07:34
三谷さんの作品は何作か観ましたが、ちょっとisaの趣味ではないので、たぶんこれもパスすると思います。
面白いのはよく分かるのですが、どうも馴染めません。
OSA
2011/11/10 08:23
すいません、何か名前が変になってましたf^_^;)
慣れないiPodからの書き込みなので。
isa
2011/11/10 08:27
<みみずくさん
そうですかあ、それは残念だなあ。
それを考えずに、ご覧になれば
けっこう笑えると思いますよ。
幽霊が証人台に立つという ばかばかしい設定
それこそが面白さの元なもので。
みいな
2011/11/10 09:24
<isaさん
そうでしたかあ、isaさんもご趣味じゃないのねえ。
「ラヂオの時間」は笑えると思うんだけどなあ。
まあでも笑いのツボも人それぞれなので
これは仕方ないですね。
みいな
2011/11/10 09:26
笑うツボが結構あって楽しめました。
三谷さん、作品よりも
トークが面白いかな〜(笑)。
「みんなのいえ」も好きでしたよ。

でもTVドラマの
「王様のレストラン」のほうが面白かったかな〜?

もっともっと面白いコメディ作品を期待してます、三谷さん♪
花帆
2011/11/10 19:14
<花帆さん
確かに三谷さんご本人が 面白いですよね。
そういえば、彼は笑わないで面白いことを
言いますよね。笑った顔を見たことないかも?
「王様のレストラン」毎回とても楽しみでした。
さらに大声で沢山笑える映画を作って
欲しいですね。
みいな
2011/11/11 08:29
やはり観ましたか?
もうこりゃ大ヒットってことですよね。

三谷作品の映画では「ラヂオの時間」「みんなの家」
「有頂天ホテル」は好きですね。
今彼のドラマで「総理と呼ばないで」を観てます。
『その話は また別の話・・・』
kei
2011/11/12 11:55
「すてきな隠し撮り」より「ザ・マジックアワー」の方がおもしろかったわ。三谷作品はそこそこ笑えるんだけど、すごくおもしろいとまではいかないんだよなあ〜作るのは悲劇より喜劇の方がずっと難しいとはよく言ったもんで。
でも監督本人はおもしろそう。奥さんだった小林聡美さんは魅力的だったのに、棄てられちゃったんかいな?(もちろん棄てられたのは監督・・・)
kotan
2011/11/13 00:12
<keiさん
これだけ話題になってるし、ちょうど上映時間が
都合が良かったんですよね。
(上映時間帯って主婦にとってもとても重要です)

思い返してみても彼の作品は どれもCMが流れ過ぎですよね?
もっと短いものにすれば良いものを・・。
それと彼がテレビに出る時には、もっと映像を流してしまうのも
やめたほうが良いと思うなあ。
みいな
2011/11/13 10:17
<kotanさん
「ザ・マジックタワー」も面白かったですが
あれもCM過剰でしたよね?
確かに腹の底から笑える映画って
悲劇より遥かに難しいでしょうねえ。
何度見ても同じところで笑えるのは、私には
「ホームアローン」くらいしか思いつけません。

あのご夫婦、不思議な感じでしたよねえ。
棄てられたのは、監督・・そうかもね?
みいな
2011/11/13 10:24
三谷作品、いいですよね〜♪
大好きとまではいかないし、笑わせる部分も、ちょっとやり過ぎ感はあるけど、見ずにはいられない魅力があるんですよね〜
ただ、小林聡美も大好きな女優さんで、ステキなご夫婦だな〜と思ってたので、すごく残念です
憧れって言うか・・きっと個性的で面白そうな家庭なんだろうな〜と勝手に思い込んでたので・・(^_^;)
うえどん
2011/11/13 17:28
<うーちゃん
なんかミステリアスのご夫婦でしたよね。
現実感が欠けるというか、どんな風な生活なんだろうと
想像しちゃったりしました。
小林さんは、最近ずっと映画に随分出演されていたから
すれ違いが原因かなあ?とか勝手に思っています。
芸能界同士の結婚は、とても難しそうですねえ。
みいな
2011/11/13 20:16
三谷作品はブレないですよね。
ハズレがないように思います。
表情のない顔の奥で、ものすごい考えをお持ちなんでしょうね。
陽気で笑顔で表情豊かな方だったらこういう作品にならないような気がします。
人間は表面に見えるものと相反するものを内に秘めているんじゃないかと。
のんちゃん
2011/11/15 22:36
<のんちゃん
三谷さんは、笑わないで面白いことを言うのが
すごいですよね。自分でも笑っちゃう人のほうが
多いような気がします。
話が逸れちゃいますが、
見えないものが一番大事なんだ・・と最近どなたかが
言っていたなあ。
みいな
2011/11/17 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ステキな金縛り ONCE IN A BLUE MOON  映画ファン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる